日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

履修不足

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
履修不足が続々と発覚しているが、何でこの時期にと言うのが正直な感想なんである。履修不足を黙認していたことを認める教育長もいるようだ。みんな知ってたんだろう。生徒だって授業すっ飛ばしていることぐらい気付くだろう。親だって知っているはずで、当事者達には暗黙の了解だったのではないか。知らぬは文科省ばかりなりだったのだろう。マスコミの人間だって家に帰れば人の親だろう。自分の子供が高校でどんな教育を受けてるかくらい知っていそうなもんだ。知らなかったとしたら親としてぼんくらだろう。知ってても対して大きく取り上げもしなかったのではないか。現に履修漏れは今までにも何度か発覚しているが、ここまで大きく扱われることもなく、そのまま放置だったではないか。何で今更ここまで大きく取り上げるのか、陰謀論は好きではないが、教育基本法の改正との絡みかと勘ぐりたくもなるってもんだ。
養老孟司は著書の中によく自分たちは教科書に墨を塗って使ったことを書いている。教育なんて所詮そんなもんだろう。文科省の決めた履修過程を金科玉条のごとく遵守しなければならない理由なんてないんである。単位が足りなくても高校卒業できて、それで何不自由なく生活している人間がいる以上、決められた履修単位の方が間違っているんだから、そちらを直せ。
[PR]
by eukaryo | 2006-10-28 18:28