日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

皆保険維持不可能

Excite エキサイト : 政治ニュース
新年度から開始予定のいわゆるメタボ健診ですが、科学的根拠が十分と考えている自治体は1割に満たないそうです。患者数減などの数値目標が達成できない場合に課せられるペナルティーには6割が反対しているそうです。
人間年を取れば病気の一つや二つ抱えているのが当たり前なので、社会の高齢化が進めば健康保険の給付を受ける側の人が増えていきます。給付を受ける人が増えれば当然、健候保険の財政は苦しくなるので、健康保険としてはなるだけ健康で保険料をきちんと納め、かつ病気にもかからず給付をあまり受けない人だけが加入している状態が望ましいと言うことになります。そこでメタボ健診で病気になりそうな人をあらかじめチェックして、そういう不届きな輩をそのままにしておく自治体からは余計に保険料を取っておこうと言うことになります。
そもそも国民皆保険の理念は、誰でもどこでも同水準の医療を受けられると言うところにあったと思いますが、その理念はもはや維持不可能で、お金の無い人、病気になりやすい人、効率の悪い田舎に住む人などは、医療を受けられない時代へと変わって来たようです。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-26 09:59 | 社会