日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

空気よりも先が読めないのが問題

Excite エキサイト : 政治ニュース
ガソリン税の暫定税率が31日で期限切れとなり、ガソリンの値下げが現実のものとなりました。租税特措法改正案は衆議院で再可決される見通しで、影響は最小限度に食い止められることになりそうですが、政府与党にとって大きな痛手であることは間違いないようです。
暫定税率が実際に期限切れを迎えたのは正直意外でした。期限については前々から解っているのだから、そこから逆算して回避策を講じることは十分可能であったと思います。年金の名寄せの件もそうですが、今の政府、与党には現状を判断、分析し、将来を予測して必要な施策を講じるという能力が欠落しているように思います。
もちろん行政の無駄を厳しく監視して排除していくことは必要ですが、役人叩きに一生懸命になるあまり、役所の機能自体を損なうことになってしまっては、国民が不利益を被ることになります。
役所の機能低下の原因の一つが、人的資源の劣化だと思います。劣悪な組織からは優秀な人材が逃げ出し、更に組織が劣化するという負のスパイラルに陥りがちですが、各省庁の現状はいかがなものなんでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-31 17:09 | 政治