日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

二大政党の幻2

Excite エキサイト : 政治ニュース
自民党の総裁選は下馬評通り麻生太郎幹事長の圧勝となりました。1回目の投票で全体の7割近い351票を集めたそうです。24日に国会で首相に指名され、新内閣が発足されることになります。
麻生サンは財政出動で景気対策を訴えていたので、解散総選挙は補正予算成立後になるのかも知れません。補正予算を通した後では自民、民主ともにお互いのことをばらまきと批判するのが難しくなります。
自民党が民主党に負けない戦略の一つに、対立軸をぼかす方法があります。民主党が票を獲得するためには、選挙民に自民党に対して明確に反対する意思を持ってもらう必要があります。自民、民主両党で政策に変わりがなければ、どちらを選んでも良くなり、そうなると惰性で自民党に投票する人が少なからず出てくると思われます。
後期高齢者医療制度については見直しの意向を示していますし、消費税率については両党とも据え置きの方針です。明確な政策の違いを出せないまま、お互いに過半数を獲れずに痛み分けとなれば、公明党と組んでいる与党は安泰となる訳です。
今後も自民、民主両党の政策は選挙が近づくたびに選挙民の喜ぶ政策に収斂し、結局はお互いに似たり寄ったりの政策を掲げることとなるでしょう。二大政党による政権交代など実現せず、公明党がキャスティングボードを握る構図が続くと思われます。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-23 14:43 | 政治