日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2006年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

薬害はいつまで続くか

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
薬害は今まで何度も同じようなことを繰り返しているのに、いっこうに無くならない。薬害エイズの阿部英逮捕から10年になるそうだが、今回の薬害肝炎もまるでデジャビューを見ているようだ。これじゃあ薬害エイズで亡くなった方も浮ばれまい。
結局のところ医療機関、製薬会社、厚生労働省、この3者の関係が変わらない限り問題の解決にはなるまい。おそらく似たようなことは今後も続くだろう。原因を変えずに結果を変えようとする愚に我々はそろそろ気づくべきではないか。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-30 14:55 | 社会

天下り解禁ですか

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
天下りを解禁するかわりに事後規制で取り締まろうと言う事だそうです。規制は緩和、取り締まりは事後でと言うのが現政権のやり方ですから、その流れに沿ったものでしょう。今の警察の捜査能力で何でもかんでも事後規制でやるのは心もとない気がします。警察にとっては権力強化の大義名分ができて歓迎なんでしょうけど。
規制緩和=善と言う刷り込みのために、規制緩和に反対する人はあんまりいません。下手すると抵抗勢力と言うレテッルを貼られかねません。しかし今の規制緩和は利益を享受する一部の人の都合の良いように恣意的になされていると言う事が、この天下り解禁に現れていると思います。まずは規制緩和は無条件に善だと言う思い込みを疑ってかかる必要があります。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-27 12:16 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B3%u30F3%u30D4%u30E5%u30FC%u30BF%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
ソニー製のバッテリーでDELLに続いてアップルもリコールだそうです。金属粒子がバッテリーに混入したのが原因と言われているようです。品質管理はどうだったんでしょうか。無理なコストダウンが無かったのか気になるところです。
先の医療費のところでも書きましたが、短期の収支だけを考えた無理なコストダウンが後の損失を生む可能性があるのは官民を問わずあり得ることです。制度設計に携わる人はこのことをしっかり認識すべきで、くれぐれも後になって却ってコストが増したとか、損失は予見できなかったとか言わないように注意してほしいものです。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-25 11:56 | 社会

受け皿が問題

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
精神科病棟の一部を退院支援施設に替える整備費を助成するそうです。病気の治療は終わっているのに帰る場所がなくて退院できないいわゆる社会的入院と言うのが問題になっています。医療費圧縮のために社会的入院を減らしたいのは解りますが、受け皿がないのに追い出したって行き場のない人が増えるばかりでしょう。一見無駄に見える制度でも何かの機能を果たしている以上、ただ単になくすだけでは他所に上手く回らない部分が出てくるだけです。それを放置すれば更なる非効率的な負担を生み出すかも知れません。
最近の財政圧縮の手法を見ていると、とにかく支出を削りさえすれば良いと言う考えが目立つような気がします。短期的には確かに支出は減るでしょう。しかしその制度が果たしていた機能を変わって担う制度を整備しなければ、長期的には社会全体の機能が停滞する可能性が出てくると思います。
今回の退院支援施設もお題目は良いんですが、社会の側に受け皿がなければ絵に描いた餅だと言う事を肝に銘じるべきでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-24 19:23 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
最近プロ野球人気の低迷が言われて久しい。プロ野球人気つまりは巨人戦中継の視聴率の事である。高校野球はみんな見るが巨人戦は見ない。おそらく高校野球を見ている人の大半は野球と言う競技そのものにはあまり興味がないだろう。
高校野球にあって巨人戦にないもの、それは非日常性である。年2回しか開催されない高校野球大会と言う非日常。この非日常の当事者になりたくて、人々は高校野球中継にチャンネルを合わせる。
サッカーも同じである。Jリーグには大して興味ないがワールドカップはみんな夜更かししてみる。4年に一度の非日常だからである。
思えば巨人戦中継と言うのはあまりにも日常生活になってしまった。夏の夜、茶の間のテレビで巨人戦と言うのはすっかり日常の一コマだ。今や日常では有象無象を動員できない。これではコアなファンしか獲得できない。不特定多数の人間を動員するなら非日常に限る。巨人戦、あるいはプロ野球がかつての人気を取り戻すためには、染み付いてしまった日常性をはぎ落とす事が重要と考える。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-22 22:55 | スポーツ

医師不足

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
医師不足が深刻な都道府県の医学部の定員を暫定的に増やすなどの対策がまとまったそうだ。しかしこれは根本的な解決にはならないと思われる。今問題になっているのは医師不足ではなく分布の不均衡だからである。医師に限らずみんな田舎では暮らしたくないってことだろう。
好きなところへ言って良いと言われれば多くの人は都会に行く。田舎へ行く人も中にはいるだろうが少数派だろう。その状態を長く続ければ、いずれ田舎から人はいなくなる。当たり前である。現在日本全国の田舎で進行中の出来事である。
都会へ流れる医師の流れをせき止めていた物がある。悪名高き医局制度である。医局制度が古い体質で、解体が必要なことには異論はないが、解体するだけでかわりの仕組みを作らなかったから制度自体が崩壊の危機を迎えているのが現状である。これまた当たり前の話である。
重要なのは人が流れて行く方向である。田舎から都会へ、この流れの方向に変わりがなければ、いくら田舎の大学の定員を増やしても無駄である。中央官庁の人間にこの流れを変えようと言う考えがあるとは思えない。彼ら自身が東京の人間だからである。田舎の医者を増やそうだなんて、本気じゃないだろう。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-20 00:23 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
この手の世論調査はしょっちゅうあるけど、どう解釈したら良いものかよく解らない。今回の参拝は良かったけど、次の首相は行かない方が良いと回答した人が多かったのか。それって矛盾してないか。そもそも回答の「参拝してよかった」と言うのは何がどう良かったのか。中身は人それぞれなんじゃないのか。回答の中に「どちらとも言えない」があるのかないのかも解らないし、アンケートの一部だけを見せるのは恣意的で危険な気がする。
「良い」か「悪い」の二者択一で、答えが50%に近いことを持って世論が二分されていると言うのも本当かなあと言う気がする。どっちでも良いって人が多いだけなんじゃないのかと疑問に思うのである。
最近はテレビも新聞も良く世論調査をやる。テレビを見ながら携帯電話からアンケートができたりする。一見分かりやすくて世論の動向を示しているような感じがするが、統計の解釈にはもっと注意を払うべきだと考える。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-16 20:31 | 政治

借りた金は死んでも返せ

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
サラ金でお金を借りるときには、同時に生命保険に入るんだそうだ。死んだら保険金で借金はチャラ。借りた金は死んでも返せってことか。借りたお金は死んでも返すと言う価値観が浸透したのはいつ頃のことなのだろうか。
永沢 光雄著「AV女優」の中で、多くのAV女優たちが将来は店を持ちたいと発言していることに触れている。先行き不安定な生活をしている彼女らにとって、安定を象徴するのが店舗であることが興味深い。現金よりも店舗。日々、体を使って生活する彼女らにしてみれば、紙切れの現金はあまりにバーチャルすぎて、安定を保証しないのかも知れない。
とすれば命よりもお金、この価値観はサラリーマンのものではないか。借金するなら保険に入るというのも、バーチャルなお金を命よりもリアルに感じると言うサラリーマンの倒錯した現実感覚を示している。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-15 13:19 | 社会

休み取ってます?

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
分散化が進んで以前より緩和されたとは言うものの、お盆の時期には相変わらずの帰省ラッシュである。
バブルの頃にはそろそろ日本にも本格的なリゾートとかなんとか言って、採算性度外視の施設ばかりが各地に作られたりしたが、長期間の休暇は結局根付かなかったようだ。働き過ぎとの指摘はずいぶん下火になったようだが6割の企業が従業員の心の病が増えたと言っているそうだ。
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
いっそ一ヶ月ほど休暇を取るのを義務づけたらどうだろうか。お上から言われなきゃ休みも取れないと言うのはいささか情けなくもあるが、心を病む人がこれ以上増えるよりも良いんじゃないだろうか。もしそんな義務ができたらもちろん喜んで従わせていただきます。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-12 15:25 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
警官が銀行強盗に発砲だそうです。最近、警官の発砲が増えているような気がします。近頃の犯罪者は警官だろうが何だろうが見境無く襲いかかるようです。
教われれば発砲もやむを得ないんでしょうけど、逮捕術の訓練はしっかりなされているんでしょうか。ちょっと心配になります。今回も相手は刃物だったようですが、素手の一対一ならたいていの相手には勝てると言う強さの裏打ちあってこその拳銃だと思うのですがどうでしょう。あんまり簡単に発砲すると、逆に「警官も拳銃さえ無ければ大したこと無いんじゃないか」と思われていしまうような気がするんですが、気のせいでしょうか。
刃物の相手ぐらい警棒で取り押さえてほしいものだと思います。そのための訓練なら税金泥棒とは言いませんので時間を惜しまずやってほしいものです。よく警察署の横を通ると剣道の練習をしている声が聞こえます。剣道も悪くないですが、実用性の面ではどうでしょうか。
ところで警官と警備会社の井上康生ではどっちが強いんでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2006-08-11 15:48 | 社会