日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まだまだあるある

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
ねつ造が発覚した「あるある大辞典」ですが、後から出るは出るはで、もう止まりませんね。最初から嘘八百だったと言うことでしょうか。逆に今までまかり通っていたことの方が不思議ですね。誰も指摘する人はいなかったんでしょうか。それとも黙殺されていたんでしょうか。
しかしこれを契機に報道に対する総務省の監視が強まる懸念もあるように思います。娯楽番組だからとの言い逃れはさすがに通用しそうにありません。普段報道の自由云々と言っている報道機関ですが、自らの首を絞めることになりそうです。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-31 12:54 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
日本レスリング選手権に出場したプロ格闘家の山本”KID"徳郁選手ですが、2回戦で敗退したそうです。アマチュアレスリングには7年ぶりの出場だったそうで、しかも相手はアテネ五輪銅メダリストだそうで、まあ敗戦もやむなしと言うところでしょうか。
とは言ってもちょっと待てよと言う気にもなります。山本選手は”プロ”の格闘家なので、格闘技に関してはプロフェッショナルな訳です。やっぱりアマチュアに負けちゃまずいでしょう。それとも打撃がない競技なんて格闘技ではないと言うことなんでしょうか。
これはプロ格闘家と言う呼び名が悪いと思います。プロK−1ファイターとか、プロpride選手とか言ってれば誤解も少ないのではないかと思われます。あくまでも格闘技の能力がプロフェッショナルなのではなくて、K−1やプライドなど格闘技興行でお金をいただくのがプロ格闘家なんですね。
何にせよまずは怪我をしっかり治して、次の試合でがんばって欲しいですね。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-28 22:53 | スポーツ

2大政党の幻

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
宮崎県の県知事選でそのまんま東氏が当選したことがいろいろ取りざたされています。談合事件への関与による前知事の逮捕を受けての出直し選挙なので、しがらみの無い人が選ばれたのでは無いかというのが大方の見方でしょう。
宮崎を始め、山梨と愛媛でも首長選挙が行われたわけですが、本当に注目すべきなのは民主党の存在感の無さでしょう。独自候補もたてられないと言うていたらくでした。
2大政党になって政権交代の緊張感を生むというのが選挙制度改革の趣旨でした。ところがふたを開ければ自民党の一人勝ちです。これはなぜでしょうか。
生き物の世界では多種多様な生き物が共存していますが、種ごとに固有の生態学的な地位があり、重ならないように棲み分けがなされています。餌や棲む場所など取り合うものが重ならないので、多くの種が共存でると言うわけです。最近の選挙では無党派層と言う同じ餌を政党が取り合うことになりました。これでは少しでも優位な方がますます優位になって、差は開く一方です。このままいけば民主党は絶滅危惧種になるでしょう。
今回の首長選挙は政党政治に対する不信感を示してると言われますが、政党政治自体が無くなるわけではありません。ただでさえ弱い民主党をさらに弱体化させる効果しか持たないでしょう。民主党に残された道は固定支持層を獲得してニッチを得ることですが、それでは社民、共産と同じく少数派にとどまるでしょうから、政権交代は起こりえません。なので参院選でも自民党の政権は揺るがないものと思われます。小選挙区にすれば政権交代というのは夢幻に過ぎなかったようです。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-24 09:33 | 政治

病院坂の首縊りの家

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u82B8%u80FD%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
桜田淳子と言えば新興宗教の信者のイメージが強いですが、そこを度外視して女優としてのみの彼女の評価で言えば、僕は市川崑監督作品「病院坂の首縊りの家」での彼女の演技を見て、かなりの演技力だと感心し高く評価していました。この映画の中では一人二役を見事に演じています。アイドル歌手から大人の女優へと脱皮して、これからますます脂ものって来るだろうと思われた矢先に、芸能界からは身を引いてしまったので残念に思っていました。これだけブランクがあってどれくらいの演技ができるのか解りませんが、現役時代の演技を見せてくれるのなら、復帰は邦画界にとって良いことのように思います。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-22 22:53 | 芸能
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
大騒ぎの納豆ダイエットねつ造の件ですが、ここで問題なのは情報の確かさを担保するものは何かということです。現在のような複雑な社会では、多くの人は情報に間接的にしか接することができません。今回の納豆ダイエットの件にしても、それを直接検証する能力は個々人にはありません。受け取った情報を信頼するかどうかは発信者の信頼度で決めるしかありません。町中で見知らぬ納豆売りの行商が、「納豆にはダイエット効果があるよ」と言ってあなたに納豆を売りつけようとしても、あなたは信じないでしょう。
では発信者の信用は何によって担保されるのでしょうか。一つには権威があります。大マスコミのニュースキャスターの言うことなら、ウソではあるまいと判断する訳です。もう一つは間柄の近さです。親しい友人ならウソは言うまいと思うでしょう。
今回の情報はバラエティー番組から発信されました。視聴者は発信者に対して権威よりもむしろ親しみを感じるでしょう。人間は良く見かける顔に親しみを覚えるようです。良く見かける顔だというだけで、実際には一面識もない芸能人に親しげに話しかけたり触ったりということができる訳です。
権威による情報の信憑性の担保はほとんど破綻しかかっていると思われます。全ての権威は相対化によって失墜しかかっているからです。大マスコミが言っているから本当だろうと思う素朴な人は今や少数派でしょう。
これからは親しみによる情報の信頼が幅を利かせると思われます。親しみと言う曖昧かつ主観的なもので情報の確度が推定されるというのは危険な感じがしますが、権威が復権するとは思えないので致し方なしと言ったところでしょうか。
さて話は変わりますが、不確かな情報に人々が一斉に走った現象が、つい先頃ありました。郵政解散による衆議院選挙と自民党の大勝です。郵政民営化がもたらす帰結について本当に理解できる人は、有権者の中でも少数派でしょう。問題は多岐に渡り複雑だからです。専門家ですら意見が分かれるくらいなので、権威によって情報の確度は上がりません。こうなると人々は親しみで判断するしかありません。小泉前首相が発した郵政民営化論に多くの人々が賛成したのは、多くの人が小泉前首相に親しみを感じていたからでしょう。親しいこの人の言うことならウソではないだろうという訳です。
支持率の低下が指摘されている安倍首相ですが、政権浮揚の鍵は親しみにあります。如何に親しみを演出するか。最も手っ取り早いのはテレビに出続けることでしょう。よく見る顔には親しみを覚えるのです。ぶら下がり記者会見の回数を減らしているそうですが、おそらく間違いでしょう。もっとコンスタントに露出することをお勧めします。
そう考えると民主党の政権奪取は絶望的です。露出度が絶対的に足りないからです。これはどうしたら良いのか、ちょっと妙案が思いつきません。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-21 11:57 | 社会

賞味期限って一体なに?

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
ここまで来ると賞味期限って一体なんだろうと不思議な感じがする。速度規制のようなもんか。一応決められているけれど、誰も守っちゃいないとか。有名無実の典型か。こうなったら徹底的に調査して欲しいもんだ。もしかしたら賞味期限を厳密に守っている食品会社の方が少なかったりして。消費者は一体何を信じたら良いものやら。産地偽造などの問題もあれだけ騒がれた後だというのに。食は生活の基本のはずだが、今の生活は基本がなっちゃいないと言うことなのか。困ったもんだ。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-20 18:33 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
次から次へと問題噴出で、とどまるところを知らない不二家だけど、よくよく考えてみれば、大手菓子メーカーなんてどこも似たような製品を似たような値段で売っているし、不二家だけが特別と考える理由が何も無いような気もする。もしかしてどこの菓子メーカーも似たりよったりなんじゃないのか。
この問題はモラルを失った社会の抱えるリスクを示しているのではないか。不二家だけにとどまらないのはもちろん、菓子メーカーだけにとどまる問題でもあるまい。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-19 15:29 | 社会

残業代ゼロ法案

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
労働基準法改正案の法案提出は見送りだそうです。しかし参院選への影響を懸念しただけでしょうから、選挙後には提出されるんでしょう。
サービス残業だなんてバカな言葉がまかり通るような国で「ホワイトカラーエグゼンプション」と言われても、一体何のことやらと言った感じでしょう。新聞各社には今まで通り、「残業代ゼロ法案」と正しく報道し続けて欲しいものです。
この制度を導入すれば一時的に残業代が減るので、企業経営者にとっては人件費が浮いてプラスになると考えるかも知れません。ところが今でさえ残業代の不払いは横行しています。今まで不法行為だったものが合法になるだけです。
さらに残業代を削って人件費を抑えれば、労働者の働く意欲をそぐことになるでしょう。無理な人件費の抑制はいずれ何らかの破綻をもたらすと思われますが、実際に不都合が起こるまではリスクに留まります。ここにも短期に得られる利益の誘惑に抗することができない、人の浅はかさが現れています。取り返しのつかない事態になるまでは、人はなかなか学習しないものなんですねえ。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-16 23:08 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
不二家が賞味期限切れの牛乳を使っていた問題ですが、卵も賞味期限切れのものを使っていたそうで、数年前から杜撰な管理が常態化していたようです。
雪印の事件があったのになぜという感想を持ちますが、これはリスクは実現するまではリスクにとどまると言うことが関係していると思われます。
賞味期限切れの食材を使って食中毒が出た場合、会社は大きな損害を出しますが、実際に食中毒が起こるまでの期間、安い食材を使って他の企業よりも利益を出すことができます。一方、損害の方は可能性に留まっていますから、実際の利益を捨ててまで賞味期限を遵守するんインセンティブにはなりません。
なので潜在的にルール破りをしている企業が市場には多く含まれることになります。そこで一旦ルール破りが発覚した企業には速やかに市場から退場してもらう必要があります。それを繰り返して検挙率が上がっていくと、損害が現実化する危険率が高くなり、損害×危険率が利益を上回るまで高くなります。こうして初めてルールを遵守するインセンティブになります。
現在は検挙率が低い上に、不正を犯した企業でもそのまま市場に残ったりするので、損害×危険率はかなり低い値に留まると思われます。雪印、不二家の教訓だけではなくなりそうもありません。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-14 08:59 | 社会

ちぐはぐな世の中だなあ

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
企業の中には過去最高の利益を計上しているところもあるのに、一般市民の不安は増大するばかりで、何ともちぐはぐな世の中になったもんである。少子高齢化は今後も進んでいくと思われ、社会保障費はこのままいけば払う人よりも貰う人の方が増えるはずで、払う人を増やすか、貰う人を減らすかしかないのである。しかし誰しも自分の負担が増えるのも、取り分が減るのも嫌なので、みんなが満足な方策なんてあり得ない。三方一両損じゃないけど、なるだけ広く薄く負担をシェアする方策を考えて欲しいものである。
[PR]
by eukaryo | 2007-01-13 23:27 | 社会