日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 社会ニュース
テレビに限った事ではないけれど、最近不祥事を報道する際のマスコミの姿勢を見ていると、一旦叩く対象が決まると叩くこと自体が目的のようになってしまうものが多い。
本当は不祥事が起こった原因、その背景、被害の大きさ、再発防止策についてなどの情報が欲しい訳だが、そういう報道はとんと見ない。叩けるだけ叩いて溜飲を下げるというものばかりである。これでは不祥事が起こるたびに叩いてガス抜きを繰り返すだけで生産性がないと思わざるを得ない。しかもますます不祥事を隠すインセンティブだけが高まると言う悪循環に陥っている。
安心して叩ける対象をよってたかって叩くというのは子供のいじめと同じ構図である。いじめが怖いのは誰でもいじめの対象になり得ると言うことである。マスコミは今のところ自分たちが叩かれる対象になることは考えもしていないようであるが、マスコミ内の横並びも崩れ始めているし、インターネットによって個人の情報発信能力も高まっているし、今後はマスコミも叩かれる対象に充分なり得る。
マスコミは今までマスコミであるということ自体に情報の信頼性があった訳だが、マスコミ叩きが広まれば逆にマスコミの言っていることは全て信用できないと言う事態にもなりかねない。情報の信頼性をどう担保するのか、あるいは担保できるのか疑問である。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-31 08:43 | 社会

隠して万歳

Excite エキサイト : 社会ニュース
原子力発電所の事故隠しが今さらのように次々と発覚しています。事故当時に発覚していたなら、その後の発電所建設に甚大な影響が出たであろうことは想像するに難くないわけで、その影響を換算するなら今回相当に重い処分が下されたとしても、トータルで見ればどう転んでも電力会社にとって事故隠しはプラスでしょう。ここから得られる教訓は、事故はやはり隠すにこしたことはないと言うことで、発覚まで時間を稼いで得るものを得ると言うことでしょうか。事故隠しのインセンティブは上がる一方なので、今後も事故隠しは無くならないと思われます。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-30 16:54 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
療養病床の削減を促すため、医療法人による老人ホームの経営を認めたり、融資を増やしたりといった優遇措置が取られるそうです。療養病床の削減が目標通り進んでいないのが現状だそうです。
もともと療養病床という区分を新設したのは、治療や検査、処置などほとんどの項目を包括にすることで、医療費を抑制しよういうのが目的だったと思います。それを今度は優遇策まで使って削減しようというのは、包括にしたぐらいでは医療費の削減が追いつかないということではないでしょうか。
今の健康保険制度では、急性期患者の医療費を賄うのが精一杯で、慢性期患者の分は賄えないということを意味しています。これからも増え続ける老人の多くは慢性の疾患を抱えていることが多いですが、現行の保険制度ではそういう人達に医療を提供できなくなってきて行く思われます。
年金問題も同じですが、制度自体が少子高齢化社会に適応できていないということなので、根本から制度を設計し直してほしいと思いますが、どうも厚生労働省は小手先の対策しかやる気がないようです。困ったもんです。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-28 10:40 | 社会
Excite エキサイト : 政治ニュース
「あるある大辞典」の捏造問題を受けて、放送法が改正されるそうです。捏造番組を流した放送局には行政処分だそうですが、再現ドラマも対象になるそうです。
これからは全てのテレビ番組の最後に、「この番組はフィクションで云々」と言うテロップを流したら良いんじゃないでしょうか。ドラマだろうが、情報番組だろうが、バラエティーだろうが関係なく全ての番組で流すようにすれば、あらゆる番組が行政処分の対象にならずに済みます。
と言うのは冗談ですが、放送された内容が事実か捏造か誰が決めるんでしょうか。世の中の森羅万象全てに渡って客観的な事実と言うものが存在するわけではありません。当事者の立場によって変わる事実もあります。結局は為政者に都合が良い事実のみが事実と認められ、それ以外は全て捏造と言うことになるんじゃないでしょうか。
今回の件では報道機関側が自浄能力を全く示せなかったのが残念なところです。大きな墓穴を掘ってしまいました。取り返しがつかないと思われます。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-27 16:47 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
まずは今回の地震で被害に遭われ方々は大変なことと思います。お見舞いお申し上げます。
ここ数年大きな地震が各地で相次いで起こっていますが、日本の地震対策は東南海地震に偏り過ぎなんじゃなかろうかと思われます。今回も今まであまり警戒されていなかった日本海側で起こっています。
もう10年以上前になりますが、地球物理学者の竹内均先生の講演を聴いたことがあります。「地震の予知なんてできません」ときっぱり言っていたのが印象的で今でも覚えています。毎年防災の日に行う訓練も、予算の消化のためだけにやっているようなもんだと、結構痛烈でした。
そろそろ日本の地震対策も、東南海地震偏重から方針転換すべきなんじゃないでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-26 22:28 | 社会

誰がやろうと無問題

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
東京都知事選挙ですが、桜金造さんに続いてドクター中松こと中松義郎さんも出馬表明だそうです。この他、建築家の黒川紀章さんもトンデモ発言の連発で顰蹙をかったりと、話題には事欠きません。
実質的には石原慎太郎氏と浅野史郎氏の一騎打ちでしょう。他の候補は泡沫候補にすぎない訳ですが、実際のところ誰がやっても同じでしょう。というのは東京は今の日本で一番上手くいっている自治体な訳で、たとえオリンピックの誘致に散在したところで都民の生活に与える影響は微々たるものであると思われます。万に一つの可能性も無いでしょうが、試しに黒川紀章さんにトンデモ政策をことごとく実行してもらってはいかがでしょうか。それでも困る都民は大して出てこないと思います。
逆に夕張市に見られるように、地方の小さな町ほど、首長の舵取り一つで破綻の憂き目に遭う脆弱性を抱えています。なので本当は地方にこそ有能な人材が必要なのですが、現在の日本ではヒト、カネ、モノそして情報とことごとく東京に集中してしまっているところが困ったところです。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-21 00:04 | 社会

怠惰は民主主義の敵

Excite エキサイト : 政治ニュース
松岡農相の光熱水費問題が盛んに取沙汰されている。政治をやるのにも当然お金はかかるだろう。要は手続が繁雑で予算の使い勝手が悪いってことだろう。お役所の予算の硬直性については良く言われる。年度末になると一円の切手を買って来て端数をそろえるだとか良く聞く話である。政治資金もお役所的で硬直的な制度になっていたのではないか。
丼勘定が良いとは言わないが、効率の良い業務の遂行が妨げられるほど予算の使い勝手が悪くなっては本末転倒も甚だしい。ひとつ疑問なのは松岡農相は法律を作る側の人間なのだから、普段から不便を感じいたなら自分達の使い勝手の良いように法律を変えれば良かったということである。
何故、それをしなかったのか。まさか現行のままの方が不便ではあるがごまかしがきいて良いなんてこととではあるまい。
恐らく他の仕事が忙しくて後回しだったのではないかと思われる。多少不便ではあるが、法律を変えるのはもっと大変なので、書類上で何とかしようと言うところだったのではないか。
法律の変更は大変なので、運用の方で何とかしようと思いがちである。しかし運用が資意的になると遵法意識の低下を招く。現行法に不具合があれば、手続がいくら繁雑になろうと法律を書き直すべきで、運用の方は厳密に行なう必要がある。易きに流れてはいけない。怠惰は民主主義の敵である。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-13 12:38 | 政治
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
作業部会が始まったばかりですが、いきなり拉致問題は暗礁に乗り上げているようです。開催前はアメリカおよび中国の協力的な姿勢がアピールされ、他の作業部会と比べて拉致問題だけが立ち後れることは許されないということが強調されていましたが、早速この有様では先が思いやられるというものです。
しかし、そもそも何を持って拉致問題の解決とするのかよく解りません。今の調子で行くと、特定失踪者も含めて全員が元気な姿で出てくるまで解決とは言えないんじゃないかと思われます。特に安倍首相は対北朝鮮に関しては最強硬派と目されているので、安易な妥協はできません。選択できるオプションの自由度はかなり低いように思われます。
安倍首相にしても外務省の役人にしても、具体的な解決の姿を思い描けている人は誰かいるんでしょうか。いささか心配になります。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-08 22:34 | 国際

アメリカは大丈夫なのか

Excite エキサイト : 政治ニュース
もともと外交に関しては強気が信条と言う印象が強かった安倍さんなので、少しでも妥協の姿勢を見せると途端に弱腰に見えてしまうと言うところが損をしていると思います。自民党がこのまま発言のトーンを上げていけば、安倍さんがますます弱腰に見えてしまうと言う部分に配慮されたのではないでしょうか。
アメリカの下院で決議案が審議中と言うこともあり、日米関係に対する配慮もあり、ここらが矛の納めどころと判断されたのでしょう。
アメリカ外交はイラク問題の躓きからもはや支離滅裂な印象を受けます。対アジア外交に関しては、いきあたりばったりの時間稼ぎにも見えるところが不安いっぱいなんですが、果たして大丈夫なんでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-07 16:43 | 国際
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
2011年の地上波アナログ停波にともない、アナログテレビ1500万台が一気に家電ゴミとして廃棄されるのではないかと懸念されているそうです。
現在のところデジタル受信機への移行は遅々として進んでいないようですし、2011年が近づいても、多くの人はテレビを買い替えないんじゃないかと思います。チューナーの値段がいくらくらいになるのか解りませんが、デジタルテレビよりも安いことは確実なので、よっぽどお金に余裕のある人以外は使えるテレビをわざわざ捨てるような真似はしないでしょう。
アナログテレビではせっかくの高画質を楽しめないとか宣伝されているようですが、高画質なんて所詮は映像マニアの道楽にすぎません。多くの人には今のアナログの画質で充分です。それに今のテレビ番組を見る限り、高画質を必要とする番組はほとんどないと思われます。そんなものに高いお金を払えるのは、ごく一部の人に限られるでしょう。
テレビを買い替えて欲しい家電メーカーの皮算用にすぎないと思われます。
[PR]
by eukaryo | 2007-03-06 23:39 | 社会