日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もうじきゼロサムゲーム

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
パート労働者の差別的な扱いなどを禁じたパート労働法改正案が成立したそうです。しかし対象になるのは全パート社員の4〜5%だそうで、実態の改善には役立たないようです。
急成長している企業以外では、パート労働者の取り分が増えれば、会社か正社員の取り分は当然マイナスになります。会社は利益を減らさないでしょうから、パート労働者の待遇改善はすなわち正社員の取り分マイナスを意味します。
日本全体で見ても、今後経済が急成長する余地があまりあるとは思えない以上、誰かの取り分は誰かのマイナスになると言う、ゼロサムゲームに近づいていくと思われます。そこそこの取り分で満足する慎ましさが今後はますます重要になってくるこの時期に、逆に慎ましさを失っているというところが問題です。
[PR]
by eukaryo | 2007-05-25 15:37 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
先月の日米防衛相会談で、ゲーツ米国防長官が久間防衛相に集団的自衛権容認を迫っていたそうです。北朝鮮からアメリカを狙ったミサイルを、日本で撃ち落として欲しいと言うことのようです。そういえば先日はミサイル迎撃用レーザーの開発に防衛省が着手する方針を打ち出していました。
日本はミサイル防衛の拠点を目指すのでしょうか。西方向からアメリカに飛んでいくミサイルはすべて日本で撃ち落とすというのはどうでしょう。当面は対北朝鮮の名目で開発すれば、いずれ中国からアメリカへ向かうミサイルはすべて日本で落とせるということになるんではないでしょうか。中国がなんと言うかは知りませんけど。憲法9条の改正も現実味を帯びていますし、きな臭い情勢になりそうです。
[PR]
by eukaryo | 2007-05-16 10:48 | 国際

なんて言って頼んだの

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
タミフルの副作用調査が進んでいないそうです。調査を依頼された研究班に対して、タミフルの販売元である中外製薬から資金が出ていたことが発覚したとから、研究班のメンバー選びからやり直しになったことが原因だそうです。
厚生労働省が最初に出した研究費が400万円だったのに対して中外製薬からの資金は6000万円だったそうです。科学研究費にも限りがありますが、必要な調査が滞るようでは困ります。分配を間違っているんじゃないでしょうか。
何をやるにもお金はかかりますが、お金をどこから引っ張ってくるのかが問題になります。政府にお金がない以上、企業から引っ張ってくるしかありませんが、それでは公正性、中立性が疑わしくなります。
しかし製薬会社から資金を提供してもらうにしても、何故中外製薬を選んだんでしょうか。最初に中外製薬になんと言って資金提供を頼んだのか気になるところです。まさか、悪いようにはしませんから、資金を頼みますってことじゃあないんでしょうね。
企業からお金を引っ張ってくる場合、常にこのような疑惑の目にさらされることになるので、情報公開が欠かせません。研究班だった方たちには、是非資金提供のいきさつを公開して欲しいもんです。
[PR]
by eukaryo | 2007-05-13 13:01 | 社会

焼け石に水

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
まず50人が対象の街頭アンケートでは、母集団が少なすぎて何の意味もないと思われます。
実施されたとしても、納税場所の変更手続きは納税者が行うんでしょうか。サラリーマンの場合、会社に申請すればやってくれるんでしょうか。実際に手続きまでする人は、地方に納税しても良いなあと思う人のさらにごく一部と思われます。
しかも納税場所を変更するインセンティブが納税者側に特にないので、実際にやる人はほとんどいないでしょう。そもそも人口の東京への移動が止まらない以上、焼け石に水と思われます。
[PR]
by eukaryo | 2007-05-11 17:51 | 政治

改憲は既定路線だろう

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
夏の参院選では憲法改正が争点になるのでしょう。多くの国民は全部の条文まで細かくチェックしないと思われるので、象徴的な問題のみがピックアップされて論じられると思われます。中でも9条の改正は重要な焦点の一つになるでしょう。
憲法の9条が改正されても、ほとんどの国民の生活は直接の影響を受けません。自分の生活に対する影響が間接的になればなるほど、選択に困難を感じます。損得勘定以外に物事を判断する価値基準を持たないということです。憲法改正は多くの選挙民の生活に対して間接的な影響しか与えません。本当のところを言えば、改憲してもしなくてもどちらでも良いという人が多いと思われます。
現在の与野党の情勢を見る限り、何が争点になったところで与党が大敗する情勢にはないと思われます。参院選の結果、改憲の民意が示されたということになり、具体的な手続きが進んでいくでしょう。もはや既定路線のように思われます。
[PR]
by eukaryo | 2007-05-04 12:11 | 政治