日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
厚生年金の未納分について、事業主への追徴ができない分は税金で賄い、強制的な徴収は断念するそうです。これでは保険料をちょろまかした事業主の丸儲けですね。年金の記録管理に関する国のミスに対する補償という理屈付けで税金を投入するそうですが、納得できる人はどれだけいるんでしょうか。社会保険庁のズボラ職員の尻拭いの為に税金を納めている訳ではないんですけどね。社会保険庁職員の給料から補填したらどうでしょう。やるべき仕事をやらずに給料をもらっていた訳ですから、その分は返してもらってもバチはあたらんような気がします。
最近、保育園の入園料を払わなかったり、給食費を払わない人が多いことが問題になっています。正直者が馬鹿を見る世の中になると、他人のために協力する正直者は、抜け駆けする人の食い物になるだけなので数が減ります。この状態が進むと最終的には自らの利益のためにのみ行動する人しかいなくなるので、お互いが協力して成り立つ社会は維持不可能になってしまいます。これを防ぐためには抜け駆けする人には、抜け駆けによって得られる利益以上の罰を与えることが必要ですが、今の世の中はどうも抜け駆けの丸儲けに向かって進んでいるようです。どこまで社会が維持できるのかいささか心配になります。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-31 11:45 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
07年版厚労白書によると、今後は開業医重視の方向で行くようです。国民に対してはむやみに大病院にかかるよりも、近所のかかりつけ医を活用するよう呼びかけているそうです。
厚生労働省は医療費を抑制するため自己負担の増加などの施策を行ってきましたが、あまり効果的ではなかったようです。誰しも年を取ってくれば体のあちこちが悪くなってくるので、高齢化が進めば当然医療機関を受信する人数は増加します。高齢になればなるほど複数の病気にかかることも珍しくはないので、受診者の延べ人数はもっと増えるでしょう。
医療費が天井知らずに増えて行くことが不可能な以上、受けられる医療に制限が出てくることは避けられません。その際に重要なのは受診制限の不利益を如何に平等に分配するかということだと思います。
今まで政治の課題は利益の分配でした。全体の取り分が大きくなっていれば、多少の不公平感は隠蔽することができました。今後、政治は不利益の分配に頭を悩ますことになると思われます。これは少しでも不公平があるとすぐに不満が噴出するので、よっぽど上手く舵取りをする必要があります。
今の政治家たちにやって行ける仕事かどうか、はなはだ不安です。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-29 09:53 | 社会

霞む安倍晋三

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
安倍改造内閣のメンツが出そろいました。実力者を配してなかなか重厚な布陣だと思います。大臣たちの中には安倍サンの指示なんかなくても一人でガンガン仕事できそうな人もいますし、仕事はかなりできそうな印象を受けます。しかしこうやって大物を並べると安倍晋三サンが途端に霞んでしまうのもまた事実。こうなると大物重役に取り囲まれたバカ殿社長と言った印象すら漂ってしまいます。思うに安倍サンは大物を起用するとこうなることが自分でよく解っていて、最初の組閣の時にお友達で周りを固めたのは自分が霞まないためだったのかも知れません。
冷戦構造が崩壊し経済の成長も鈍った今の社会では、有権者は投票の判断基準を失っています。もはや情緒的な好き嫌いで判断するしかありません。安倍晋三サンが役立たずの坊ちゃんに”見える”状態というのは、この内閣がどんな仕事ができるかよりもむしろ大問題なのかも知れません。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-28 08:38 | 政治
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
安倍政権下で少子化対策が迷走しているようです。記事によると関係省庁は働く女性の支援なのか、家族政策重視なのかはっきりしないので身動きが取れないと言っているそうです。小泉政権下では子育ての社会化と男女共同参画が謳われていましたが、安倍首相は伝統的な家族観を守ると方針転換したそうです。
伝統的家族観を大切にする事と、働く女性を支援することの何が矛盾するのかよく解りません。別に専業主婦だけが伝統的家族観ではないでしょう。昔の農家では女性も労働力だった訳ですし、田畑で働きながら立派に子育てしてた訳ですから。伝統的な家族観を尊重しながら働く女性を支援したら良いだけの話でしょう。参院選の惨敗を受けて消費税の増税が出来なくなったために少子化対策しようにも先立つものがないので出来ないだけの話でしょう。少子化対策のために増税が必要なのであれば、堂々と有権者に訴えたら良いだけの話でしょう。それとも少子化対策は増税のための良い訳に過ぎないのでしょうか。
そもそも少子化高齢化で困るのは社会保障費を支える世代の人数が減る事にある訳ですが、増え続ける社会保障費を賄えるほどに人口が増加に転じるのを待っているなど悠長な事は言ってられません。少子化対策が無駄とは言いませんが、それよりもなによりも制度の再設計を最優先にすべきでしょう。少子高齢化を前提として、なおかつ維持可能な社会保障制度を設計して欲しいと切に願います。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-26 20:59 | 社会
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
小麦粉の値段が上がっているそうです。魚の値段も上がっているようですが、世界的に食料の争奪戦が繰り広げられている中、日本の食料自給率は4割を切っているそうで心配です。グローバル化が進んだ現在では食料問題といえども国内だけでは解決が図れませんが、日本の行政は縦割り志向が強いため、農水省と外務省で意思の疎通が図られているのか心もとない気がします。企業による農地取得の解禁も話題に上っていますが、生活に直結する食の問題なので、目先の利益や縄張り争いにとらわれず良い知恵を出してほしいものです。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-24 16:08 | 社会

安心できない?

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
おちおち飛行機にも乗っていられない。では電車にするか。しかしJR西の件もあるので、これまた安心できない。車にするか。自分の運転ほど信用ならないものがあろうか。ことほどさように何をやるにつけリスクがつきまとう。いっそ出かけるのを止めるのが良い。
リスクをゼロにすることはできないし、リスクを減らすにはコストがかかる。先ほど減量キャンペーンに参加していた伊勢市の職員が運動中に急死したそうである。メタボリック症候群による動脈硬化のリスクを減らそうということだろうが、運動負荷によるリスクには目がいっていなかったようである。この事例はあるリスクを0にすることばかりを強調することが、代替の行動によるリスクや、リスクを減らすためにかかるコストに対する目隠しになることを示している。物事の一面を見ると途端に他の面が見えなくなるという点で他人事ではないのである。
リスクとコストの大小を比較することしかできないし、これだけ社会が複雑化するとその比較にしても一筋縄にはいかないとなれば、何をやるにしても最後は覚悟が必要と言うことである。このような事故が起こるたびにマスコミではこれでは安心できない、リスクを0にせよとの意見が喧しいが、残念ながらそれは不可能なのである。安心とは諦念の別名ではないか。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-22 08:36 | 社会

取り締まり能力の強化

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
先の参院選で敗因の一つと考えられる政治資金の問題ですが、選挙の後もゴタゴタが続いているようです。塩崎官房長官も政治資金を事務所の職員に使い込まれていたのに4年間も気付かなかったということなので、結構どんぶり勘定なんじゃないでしょうか。事務処理が煩雑になりすぎるのも考えものです。一円単位で領収書を公開したとして、あまりに膨大な量になってしまっては逆にチェック不可能になります。取り締まり機能を強化しなければ実効性があがらないので、警察の力は強まるばかりのような気がします。
小泉政権時の規制は緩く、取り締まりは事後にとの方針の無制限な拡大によって、警察は権力を大きくしつつあるように思います。先の防衛省人事のゴタゴタの時に制服組に肩入れしたくなったのもこの理由によります。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-20 15:28 | 政治

制服組対背広組

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
防衛事務次官の人事で揉めているようです。念願の省への格上げには成功しましたが、イージス艦の情報漏洩や、機材購入にまつわる談合などの不祥事もあり、何かとごたごたが続く防衛省です。
今回の人事のごたごたは制服組と背広組の権力争いと考えられます。端から見ている分には制服組も、背広組もどっちもどっちだという気がします。しかし最近警察官僚の権力拡大志向が目立つような気がしているので、ここは制服組にエールを送りたい気分になります。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-14 11:22 | 政治

漂流政治の世の中

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
先の参院選で与党は負けるだろうけど、大敗はしないだろうと予想していましたが、予想に反して大敗を喫しました。正直、これほどの大敗になるとは全くの予想外で、不明を恥じているところです。
自民党の地方組織はもはやぼろぼろのようですが、これは配る物がなくなってしまったことによります。今後よほど景気が良くなることがなければ、ばらまきが復活することはないでしょう。そうなると選挙が選挙民の直接の利害とは遊離していくと考えられます。なので投票はそのときの大衆の気分、党首に対して抱くイメージなどによって左右され、政治が漂流する時代を迎えるものと思われます。これは小泉政権のときに、政治が利害の調節という本来の機能から降りてしまった当然の帰結と言えます。
[PR]
by eukaryo | 2007-08-10 12:34 | 政治