日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
赤福に続いて御福餅でも表示の偽装が発覚しましたが、27年前から行われていたそうです。
加工食品の表示はそもそもまるっきり信用できないと思われます。偽装した方が儲けが出る以上、業者に表示義務を守るインセンティブはありません。偽装をしない業者は売り上げで偽装をする業者に負けます。健康被害が実際に出なければ、内部告発以外に偽装が発覚する危険はありません。かくて市場には偽装をやり、かつ内部告発を誰も行わない業者のみが生き残ると言うことになります。
偽装が発覚して被る不利益×発覚するリスク>偽装で出た儲け
なる関係が成り立たなければ偽装業者によって市場は占拠されます。偽装が発覚した時点で即廃業くらいの厳罰で臨まないと、この関係式を満たすことは出来ないでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-31 10:02 | 社会
Excite エキサイト : 社会ニュース
守屋前防衛事務次官への証人喚問が行われました。特に目新しい事実は出てこなかったようですが、度を越した接待ぶりが明らかとなり、今後自衛隊の組織を改革せよとの圧力が高まっていくでしょう。せっかく守屋を排除できた制服組も返り血を浴びないわけにはいきません。
アメリカをはじめ自衛隊をもっと使い勝手の良い組織に変えたい勢力にとって、今回の不祥事は制服、背広を問わず旧来の勢力を一掃できる千載一遇のチャンスと言えます。憲法改正と言う正攻法でやっていては一向に事が進まないということを安倍政権の一年間で思い知らされたはずです。文民統制を強化すると言う反論しようのないお題目を掲げれば、この機に乗じて自衛隊の組織を一気に改革することができるでしょう。今よりは使い勝手の良い自衛隊が出来上がると思われます。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-30 09:10 | 政治

警察VS自衛隊

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
守屋前防衛事務次官と山田洋行との癒着疑惑ですが、本日午後に守屋サンへの証人喚問が行われます。
山田洋行のやり口は、偽名を使っていたりと一応の偽装工作らしきことはしているものの、今時もっと上手なやり方だってあろうにと思わせる典型的な接待攻勢です。防衛利権に関わる人たちなんて狭い範囲に限られている訳だから、これじゃあ目立ってしょうがないでしょう。出る杭が打たれただけなら、もっと早くに打たれても良いんじゃないかと思われます。
情報漏洩問題から引き続き、自衛隊へ警察権力からの攻勢が続いています。省への昇格を果たした防衛省に対する牽制の意味でもあるんでしょうか。自衛隊側も巻き返しを図っているんでしょうけど、ずいぶん分が悪く見えます。一発逆転の方策は果たしてあるんでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-29 12:12 | 政治
Excite エキサイト : 政治ニュース
廃止や民間への売却が決まっていた厚生年金病院と社会保険病院の大半が存続するよう方針を変えたそうです。地域医療の空洞化に配慮したとしていますが、参院選大敗の影響が出てきているようです。
小さな政府はどこへやら、参院選の大敗を受けて完全に方針転換するんでしょうか。先の参院選の結果をどう受けとるかはいろいろ解釈の余地がありますが、要するに俺にも分け前よこせってことでしょう。ばらまきへの逆戻りと言ったりしますが、実はばらまき政治は一貫して変わってなどおらず、ばらまき先が変わった、あるいは見えにくくなっただけの話でしょう。ばらまき先から外れた人たちからの異議申し立てが先の参院選だったわけです。
無い袖は振れないので、どこからかばらまくものを調達しなければなりません。現在になければ将来から調達すればいいじゃないかということで、つけの先送りです。今の子供たちはまだ選挙権を持っていませんので、文句の言いようもありません。
食い扶持が増えないのであれば頭数を減らすか、一人あたりの取り分を減らすしかありません。どちらも減らさないのであれば打出の小槌でもないといけません。子供たちが小槌でしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-25 08:53 | 社会

油は油、お金はお金

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
思いやり予算の削減幅を圧縮するそうだ。インド洋での給油活動の中断が避けられないため、これ以上日米関係をこじらせたくないと言うことだろう。
どこで何に使おうがお金がお金であることには変わりがない。これは油も同じことで、使い道は問題ではない。思いやり予算で浮いた金をアメリカがイラクの戦費にまわせば、日本もイラク戦争に十分加担している。日米同盟がある以上、アメリカの軍事行動と日本が無縁であることはあり得ない。
日本がアメリカに守ってもらうと言う現状が国民に課すものは何か、それを踏まえてどういう選択をするのかと言うことを国会で論じてもらいたいが、相変わらず油の使い道の話ばかりである。小沢サンはゆくゆくは自衛隊を軍隊にして、日本もアメリカに頼らず自衛できる武力を持つという考えだと思うのだが、国会ではっきり言ってみちゃどうか。油をどこで使ってた云々なんて言っているより、よっぽど望むところなのではないか。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-19 08:08 | 政治
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
国会ではテロ対策特措法を巡って与野党による議論が展開されています。小沢サンは原則論を曲げず、反対を貫くようです。
このまま妥協の余地が全くないのなら、いっそ解散総選挙で民意を問うてみたらとも思いますが、考えてみると自民党には解散総選挙の目はありません。
小沢サンの給油はダメだがISAFへの参加はOKと言う理屈は、党内にも異論がくすぶっていますし、一般国民も自衛隊に犠牲者が出る可能性もあり諸手を上げて賛成は出来ないでしょう。なので仮にこの問題一本で解散総選挙を行えば、自民党が勝てる可能性があります。
ところが、自民党の今の議席は300を超えるため、仮に勝つにしてもここまでの現有議席を確保するのは困難と思われます。今の議席数からすると自民党にとっては解散総選挙すなわち議席を減らす可能性が非常に高いため、解散総選挙に打って出ることは出来ないと言うことになります。
しかも参院は変わらない訳ですから、衆院選で勝っても法案が通る見通しが立つ訳ではないと言うことになります。これではますます解散できないでしょう。なので今の自民とにとって一番良い戦略は、どうしても通さなければならない法案は再議決で通しつつ、現状維持で時間稼ぎをすると言うことになります。衆参逆転のねじれが解消されるまで6年はかかる訳ですから、それが待てないとなると参院無用論を盛り上げて参院をなくすしかないでしょう。さすがにそれは不可能でしょうから、ねじれたままの状態でずるずる行くのではないでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-11 18:29 | 政治

検定を止めれば良し

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
沖縄の集団自決に関する教科書の記述の問題で、民主党は政府へ記述見直しを求める国会決議案を提出するそうです。
自決に軍の強制があったか否かと言うことよりも、ここまで教科書の内容に政治が関与してしまうことの方が問題でしょう。原因はただ一つ、検定なんてやっているからで、これを止めさえすれば問題自体がなくなります。自由化すれば良いだけの話でしょう。教科書に何を書こうが自由、学校がどの教科書を採択しようが自由、おまけに学生がどこの学校に行こうが自由にしてしまえば良いでしょう。
政府は小さく、全ては市場に委ねると言うのが今のトレンドなので、教科書も完全自由化、検定なしの方向で政府の方針としては矛盾しないでしょう。しかも中韓からあれやこれや言われた時に、政府は教科書には全く感知していないと突っぱねることができ、政治問題化しないと言うメリットもあります。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-04 17:23 | 政治

湾岸のトラウマか

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
小沢民主党党首は国連の国際治安支援部隊へ参加の意欲満々だそうです。小沢サンは国連決議に基づく活動への参加であれば、海外での武力行使も憲法に違反しないと言う立場だそうです。国連決議の有無がメルクマールと言うことで小沢サンの中では論理は一貫していますが、端から見ている人には給油はダメだけど兵隊は出すのかということで不可解な印象を与えます。
小沢サンは国際貢献のためなら海外で自国の兵が死傷するのもやむなしとの立場のようです。アフガニスタンからイラクへと続く一連のテロとの戦いに日本の姿勢が前のめりなのは、湾岸戦争の際に金だけ出して汗をかかないとさんざん言われたことが原因の一つと思われます。当時の幹事長だったのが小沢サンですが、よっぽど何かトラウマになるようなことがあったんでしょうか。一般国民で湾岸戦争をトラウマに感じている人は少数派だと思いますが、当事者にしか解らないひどい体験でもあったのかとも思われ気になります。
[PR]
by eukaryo | 2007-10-03 13:54 | 政治