日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 政治ニュース
ガソリン税の暫定税率が31日で期限切れとなり、ガソリンの値下げが現実のものとなりました。租税特措法改正案は衆議院で再可決される見通しで、影響は最小限度に食い止められることになりそうですが、政府与党にとって大きな痛手であることは間違いないようです。
暫定税率が実際に期限切れを迎えたのは正直意外でした。期限については前々から解っているのだから、そこから逆算して回避策を講じることは十分可能であったと思います。年金の名寄せの件もそうですが、今の政府、与党には現状を判断、分析し、将来を予測して必要な施策を講じるという能力が欠落しているように思います。
もちろん行政の無駄を厳しく監視して排除していくことは必要ですが、役人叩きに一生懸命になるあまり、役所の機能自体を損なうことになってしまっては、国民が不利益を被ることになります。
役所の機能低下の原因の一つが、人的資源の劣化だと思います。劣悪な組織からは優秀な人材が逃げ出し、更に組織が劣化するという負のスパイラルに陥りがちですが、各省庁の現状はいかがなものなんでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-31 17:09 | 政治
Excite エキサイト : 政治ニュース
道路関連法案の期限切れを前に、福田総理が道路特定財源の一般財源化などを盛り込んだ新たな提案を発表しました、暫定税率の即時廃止を訴える小沢代表の考えとは隔たりも大きく、与野党の主張は平行線のままのようです。
2兆6000億円の税収不足が起これば確かに大変なことかも知れませんが、無いなら無いなりになんとかうまくやっていけるものかも知れません。日銀総裁も空席になると大変だと言われていたわりには、株も為替もその後上がったり下がったりしています。一度止めてみると言うのは、本当にそれが必要かどうか確かめるには良い方法なのかも知れません。
今回の福田サンの提案は一般財源化に踏み込んだ部分は評価できますが、与党内から冷やかな反応も出ており、意見の集約もできていないようで、追い詰められた末のフライングのような印象を受けます。
首相官邸の能力不足は安倍晋三内閣の頃から顕著になってきたように思います。お友達で周りを固めたためだとか言われていましたが、福田政権に変わってからも官邸の機能麻痺は改善されていないように見えるので、構造的な問題があるように思います。もはや首相官邸に事態をコントロールする能力が無くなっているのではと心配になります。これでは誰が総理になっても同じことのような気がします。
総理大臣も日銀総裁のように一度空席にしてみるというのはどうでしょうか。それでも結構日本はうまく回っていくような気がします。それなら総理大臣なんて最初から不要だったってことに気がつくでしょう。ついでに国会も止めてみたらどうでしょう。もしかして誰も困らないかも。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-28 16:37 | 政治

皆保険維持不可能

Excite エキサイト : 政治ニュース
新年度から開始予定のいわゆるメタボ健診ですが、科学的根拠が十分と考えている自治体は1割に満たないそうです。患者数減などの数値目標が達成できない場合に課せられるペナルティーには6割が反対しているそうです。
人間年を取れば病気の一つや二つ抱えているのが当たり前なので、社会の高齢化が進めば健康保険の給付を受ける側の人が増えていきます。給付を受ける人が増えれば当然、健候保険の財政は苦しくなるので、健康保険としてはなるだけ健康で保険料をきちんと納め、かつ病気にもかからず給付をあまり受けない人だけが加入している状態が望ましいと言うことになります。そこでメタボ健診で病気になりそうな人をあらかじめチェックして、そういう不届きな輩をそのままにしておく自治体からは余計に保険料を取っておこうと言うことになります。
そもそも国民皆保険の理念は、誰でもどこでも同水準の医療を受けられると言うところにあったと思いますが、その理念はもはや維持不可能で、お金の無い人、病気になりやすい人、効率の悪い田舎に住む人などは、医療を受けられない時代へと変わって来たようです。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-26 09:59 | 社会
Excite エキサイト : 政治ニュース
租税特別措置法改正案ですが、与野党の折り合いがつかず期限切れは避けられない情勢のようです。これによりガソリン代は1リットルにつき25円ほど安くなる計算ですが、在庫があるため店頭での販売価格が下がるには時間がかかるようです。
ガソリン代が下がって嬉しくない人は少数派でしょう。しかし2兆6000億円の税収減をどうするかという問題があります。道路族から再可決へ向けて凄まじい圧力があると予想されますが、一旦下がったガソリン代を再び上げるのはハードルが高い気がします。そのまま廃止されると地方は予算の組み換えを余儀なくされるでしょう。道路依存の現状から脱却する良い機会と前向きにとらえて頑張ってほしいですが、実際にやっていけなくなる地域も出てくるんじゃないでしょうか。
先の参院選で民主党が勝てたのは、小泉改革で疲弊した地方からの怨嗟の声が大きかったように思いますが、一見地方切り捨てに見える暫定税率廃止に民主党が踏みきったのは勝算あってのことなんでしょうか。次の衆院選では、都市部で勝てれば政権交代可能と読んだのでしょう。それとも、見通しもなくチキンレースに突っ込んだ結果でしょうか。政治家の思考回路はよく解らないので判断しかねます。
憲法改正などの大きな政治マターでは選挙民の関心を引けないことが安倍晋三内閣の失敗ではっきりしました。ガソリン代は生活に直接影響を与えることだけに関心を集めやすいし、投票行動への影響も強いでしょう。こうなると諸刃の剣で、郵政解散の時のように大勝と大敗にくっきり分かれるような気がします。どちらか勝つのかは、選挙直前の雰囲気次第でどちらにも転ぶと思います。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-25 11:24 | 政治

税金の無駄遣い

Excite エキサイト : 政治ニュース
経営難に陥り400億円の追加出資案が可決される見通しの新銀行東京ですが、元執行役員が開業初期から経営状態が悪かったことを明かしたそうです。情報は都の担当幹部に上げたそうですが、放置状態だったようです。
今のところ個々の当事者の一方的な話が出始めた段階なので、銀行業失敗の経緯については更に詳細を検証して反省の材料にしてほしいと思います。
この件に限らず失敗した事業を後から振り返ると失敗すべくして失敗したとしか見えないことが多々あります。杜撰な計画、甘い見積り、裸の王様状態のトップなどなど、どこかで聞いたような話ばかりです。新規に事業を開始する場合、不確定な要素がたくさんあります。不確定な要素に対して全てが自分に都合の良い方に転ぶと予測すれば、バラ色の事業計画の出来上がりです。
不確定な事象の結果を如何に予測するかが重要な問題ですが、自分が持っている資源の量によって予測は変化します。100円しか持っていないときに、全額を競馬につぎ込むのはリスクが高すぎます。100万円持ってれば100円ぽっちスってしまっても痛くも痒くもありません。持てる資源が少ないときはリスクを高めに見積もる必要があります。してみると東京の不幸はお金をたくさん持っていたということになります。資金がたくさんあれば、少々減っても気にしません。ましてや他人の納めた税金ですから、多少回収できないくらいは都の担当幹部も気にしないでしょう。予算がカツカツの自治体であれば、そもそも中小ベンチャー相手の銀行業など始めることすら不可能なので、損することもありません。この銀行業で儲けがでなければ、おマンマの食い上げで死んでしまうというのであれば都側も必死になるでしょう。そうでなければ今後も赤字を垂れ流すことになると思われます。
税金の無駄遣いの問題は、無駄遣いで役人が何ら被害を被らないと言う問題に帰着します。税金の使い道に少しでも無駄が出れば、その分役人が実害を被るような仕組みにしない限り、税金の無駄遣いはなくならないでしょう。最近は道路財源の問題が注目されていますが、一般財源化して使い道を広げたところで、この問題がクリアできていない限り、無駄遣いの使い道が広がるだけに終わります。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-23 16:37 | 政治
Excite エキサイト : 政治ニュース
日銀総裁人事ですが、政府の二度目の提案に対しても民主党は不同意とする方針を固めたそうで、これで日銀総裁が空席となることが確実となったようです。
何にせよ注目が集まるのはいいことだと思っていましたが、まさか二回目の提示も民主党が蹴るとは思っていませんでした。確かに武藤サンはダメで田波サンならOKと言うのでは理屈が通りませんが、それだと元大蔵官僚は軒並みダメだと言うことになります。他に人を出す所も無いんでしょうから、しばらく日銀総裁は不在で行くしか無いでしょう。
無くなって初めて解る大切さというものあるし、無くなっても大勢に影響が無ければ最初から必要無かったということだし、この際日銀総裁とは何ぞやということをじっくり考えてみるしかないんじゃないでしょうか。
衆参ねじれ状況ではかくのごとき、何も決まらないことを嘆く向きもありますが、衆参ねじれ状況は選挙民の選択の結果なので、その結果は甘んじて受け入れなければなりません。衆議院で自民党に300議席以上を与えたのも、参議院で民主党に過半数以上の議席を与えたのも同じ選挙民なので、何も決まらない今の状況を望んだのは選挙民と言うことになります。そもそも今までが何でもすんなり決まりすぎだったのかも知れません。今後も何か一つものを決めるのに、その都度大いに揉めて世間の耳目を集めて欲しいと思います。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-19 08:54 | 政治

注目を集める効果

Excite エキサイト : 政治ニュース
日銀新総裁の人事案について、福田康夫首相は武藤敏郎副総裁の昇格を断念し、差し替えて再提出する方針を決めたそうです。新総裁候補としては黒田東彦元財務官や渡辺博史前財務官の名前が挙がっていますが、民主党は受け入れる意向のようです。
武藤サンが日銀総裁になる場合と、黒田サンかもしくは渡辺サンがなる場合で、何がどう変わるのか明確に説明出来る人は政府与党側にも野党側にも、いないような気がします。取れる政策の自由度がそう高い訳では無いので、結局は誰がやっても同じような政策を実施するんじゃ無いでしょうか。
誰がやっても同じと思われる日銀総裁一人を決めるのにも右往左往するのは、衆参ねじれ国会の賜物と言えます。これを意思決定能力の低下と嘆く向きもあるでしょう。しかし、日銀総裁人事に世間の耳目が集まるという効果は確かにあるので、注目されると下手は打てないという意味では良い効果だと思われます。
今まで監視の目を注いでいなかった結果が、道路財源のでたらめな使い道であり、社保庁のずさんな年金管理だったわけなので、これからも一見些細と思われること一つ決めるのにも右往左往してもらって、その度に世間の注目を浴びると言うことになれば、何でもホイホイ決まって後でトラブルが発生するよりもマシなんじゃないかと思います。
対外的に日本が意思決定が遅いと思われるのは後のトラブル回避のためのコストと考えれば、決して高くつくものでは無いと思いますが如何でしょう。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-17 11:01 | 政治
Excite エキサイト : 政治ニュース
防衛省の組織改革について、石破防衛相は全国各地を回るタウンミーティングを開催して、国防のあり方について国民に広く議論してもらうのが良いとの考えを示したそうです。確かに国民に広く議論してもらうのは悪い話じゃないですけど、今はそんなことをやっているような事態ではないと思います。
一昔前まで、基本的に日本の官庁は優秀だけど、硬直的で無駄が多かったりするのが問題だとの認識が広まっていたと思います。昨今の防衛省の不祥事や、社会保険庁のどたばだを見ていると、官庁が優秀だったと言うのはもはや過去の神話に過ぎないと言う気がします。現在の官庁については、本来の業務を果たす能力が欠けつつあることが一番の問題となっています。
防衛省もしかりで、国防のあり方が云々と言う以前に、すでに今の自衛隊に国防を担う能力があるのかが問題と言う段階にきていると思います。まずは自衛隊が本来の機能を取り戻すための方策を考えるべきでしょう。もはや自衛隊が役立たず集団に成り下がるかどうかの瀬戸際だと思いますが、それほどの危機感は石破サンの発言からは感じられません。
[PR]
by eukaryo | 2008-03-04 18:34 | 社会