日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

すぐばれる嘘よりは

Excite エキサイト : 政治ニュース
政府は後期高齢者医療制度について、低所得者向けの負担軽減策を検討するそうです。激変緩和措置を来年3月以降まで延長することも考えているそうです。補選の大敗を受けてのことと思われます。
後期高齢者医療制度について政府は7〜8割の人は保険料が下がると説明してきました。そもそも給付を賄いきれないから新制度を導入したはずで、トータルの保険料収入が今よりも減るなら新制度を導入する意味がありません。7〜8割でマイナスになるものがトータルでプラスになるとは思えません。負担増を全面に出して反対されるのを恐れて、負担減となるレアなケースをあたかも標準的なケースのように扱ったのではないでしょうか。
実際に天引きが始まればすぐに解ることで、小学生の使う言い訳にも似て、すぐばれる嘘ほど最悪なものはありません。
選挙で負けて泥縄式に対策を考えるよりも、負担増を正面から訴えて選挙に負ける方がまだましと言えます。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-30 13:06 | 社会
Excite エキサイト : 政治ニュース
福田首相は租税特措法の改正案について、再可決することで公明党の太田代表と合意したそうです。併せて道路特定財源を09年度から一般財源化する法案を年内に提出することも確認したそうです。ただ、提出の時期についてはまだ決定していないようです。
衆院山口2区の補選では自民党が大敗しましたが、租税特措法の再可決の流れは変わりませんでした。財源に穴を開けるわけにもいかずやむなしとの判断でしょう。再可決と併せて一般財源化について閣議決定することで、党内外からの批判をかわそうと言う考えのようです。
道路特定財源の一般財源化については、権限が増える財務省とフリーの財布がなくなる国交省の綱引きの問題で、お馴染み縦割りお役所間の権力闘争なので、一般財源化したからと言って無駄遣いがなくなるわけでも、社会保障費に回るわけでもありません。
山口の補選では後期高齢者医療制度の問題が結果に大きな影響を与えました。高齢化社会で増え続ける社会保障費をどう賄うか問題です。一般財源化が特効薬になるわけではありません。何らかの形での負担増は避けられず、消費税増税の議論もいずれ出てくると思います。しかし今回の補選を見ていると先に負担増を訴えた方が選挙に負けると言うチキンレースの様相を呈しているように思います。負担先送りで制度自体が崩壊するその日まで、このチキンレースからは降りられないのではないでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-29 09:46 | 政治

自殺と硫化水素の親和性

Excite エキサイト : 社会ニュース
高知県で23日に起こった女子中学生の硫化水素によると見られる自殺ですが、母親や周囲の住民14人が巻き添えになり入院したそうです。
硫化水素による自殺が増加しているようですが、硫化水素は毒性が強く周囲の住民を巻き添えにする可能性が高いそうです。自殺は攻撃性が自己に向かったものと考えられますが、自己の破壊を目論むものであり攻撃のポテンシャルは相当に高いと考えられます。ひとたび外に向かえば相当な被害を出すほど攻撃性の強さであり、そう考えると自殺自体が硫化水素のようなものと言えるのかも知れません。この方法が流行るのは理に適っていると言えなくもないような気がします。
内在する攻撃性をコントロールするため、ガス抜きの知恵が社会には埋め込まれていると思われます。そういう知恵を持たない社会はいざこざが絶えなくなり存続不可能になるでしょう。今の日本ではそのような知恵が失われつつあるのかも知れません。自殺者年間3万人と言うのは明らかに異常事態であると思いますが、その割には危機感が低いように思います。
先頃広島光市の母子殺害犯に対して死刑の判決が下りました。犯罪に対する厳罰化は攻撃性の発露に対する規制方法の一つであるとは思いますが、行き場を失った攻撃性が別の形で噴出する危険性もあるような気がします。現代社会にマッチした新しいgす抜きの知恵を発見することが必要でしょう。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-24 16:14 | 社会

見直すと言ったところで

Excite エキサイト : 政治ニュース
混乱が続く後期高齢者医療制度ですが、自民党議員らによる「後期高齢者医療制度を考える会」が発足するそうです。この議連の設立趣意書には新制度の制度設計や周知のあり方を再検討するとあるそうです。
新制度の導入によりトータルで負担増になるのは自明です。そもそも増え続ける医療費を賄いきれないからこそ導入された制度だからです。負担減になるのなら制度をいじる必要がありません。なんと取り繕おうが無い袖は振れないと言うことでしょう。
制度自体を見直すとすれば、負担増の先送りで若い世代につけを回す従来のやり方に戻るしかありません。それも少子高齢化のスピードを考えれば限界が近づいています。だからこその新制度だったはずですが、思わぬ反発の大きさに政府与党も見直しを余儀なくされそうです。
民主主義国家である以上、先行き破綻すると解っている制度でも、選挙民がそれを望めばそうせざるを得ません。ここで一つ問題なのは、将来負担を背負う若い世代が選挙権を持っていないと言うことです。自らの選択により国が破綻しようが所詮は自業自得ですが、自らの選択権の及ばないところで老人たちの残した負債を背負わされると言うのでは承服しかねるでしょう。自分の負担をなるだけ避けようとするのは至極当然な合理的判断ですが、自分たちの選択は将来世代へ対する責任も負うと言う自覚もまた必要でしょう。どちらに重きを置くのかバランスの難しい問題です。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-16 11:15 | 社会

いくら払ってんだっけ?

Excite エキサイト : 社会ニュース
今月からスタートした後期高齢者医療制度ですが、年金からの保険料天引きが今日から始まります。制度をめぐる混乱が続く中、野党は新制度の廃止を主張し攻勢を強めているようです。
混乱続きの後期高齢者医療制度ですが、誰かが保険料を支払わなければならないと言う事実を消すことはできません。どうせ徴収するなら天引きの方が確実で良いと言うのは取る側の理屈でしょう。
税金の無駄遣いに対して日本の給与所得者が寛容なのは、所得税が源泉徴収になっているため、自分が税金をいくら払っているのか実感しにくいことが影響していると指摘されています。保険料も天引きにすることで払っている実感がなくなるかも知れません。そうすれば文句を言う人も減るだろうと厚労省は目論んでいるんじゃないかと言うのは穿ち過ぎでしょうか。
舛添厚労相は天引きの方が支払う人の手間が省けるので良いと理解を求めているそうです。天引きなら窓口いらずで徴収する側の手間も省けるはずです。役人の数も多いに減らせるんじゃないでしょうか、舛添サン。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-15 09:23 | 社会
Excite エキサイト : 政治ニュース
後期高齢者医療制度が開始となり年金からの保険料天引きが明日から開始されるのを前に、福田康夫首相が説明不足により混乱が生じていることについて陳謝したそうです。参院選の大敗を受けて保険料がなかなか定まらなかったために周知が遅れたのが混乱の原因とされていますが、医療制度の現状は泥縄式の対応でどうにかなるようなものではないような気がします。目先の票欲しさのために制度自体がつぶれないことを切に望みます。
今回のどたばた劇を見ていると、PSE問題の騒ぎを思いだします。あの時も法施行を前に混乱が続き最終的に方針転換となりました。今回の件でもPSE問題にしても個々の問題もさることながら、これらの件が行政府、立法府の能力低下を反映しているのではないかと言う点が気になります。法律を定めて円滑に施行すると言う国家の根幹に関わる機能の麻痺を示す由々しき事態なのかも知れません。国会議員は2世かタレントで、優秀な人材は官僚になりたがらないと言う現状ではいかんともしがたいように思います。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-14 16:54 | 社会

仮想現実と現実

Excite エキサイト : 社会ニュース
全国で稼働中のゴミを燃料化するゴミ固形燃料(RDF)化施設の中で、RDF販売により利益を得た施設は52カ所中1カ所のみだったそうです。他の51施設ではRDFを処分するのに33億円の赤字になっているそうです。
ゴミから燃料が作られ、それを販売して利益が上がるならこんなに結構なことはありませんが、しょせんは役人の机上の空論だったようです。
先日追加融資が決まった新銀行東京の話もそうですが、理念は実に結構なことですが、実現可能性の見積もりが甘かったり、お手盛りだったりするところがお粗末な結果を生む原因です。理念や計画が100%そのまま実現する訳ではないのですが、役人のように書類だけの世界に生きていると、書類の中と現実との区別がつかなくなるのかも知れません。
先頃、児童ポルノ規制に関して図像などに関する規制は見送られることが決まったそうです。規制推進派の持ち出す論理は、バーチャルな図像が実体験に悪影響を及ぼす、この場合、想像上の児童ポルノ図像に多くさらされると幼児性愛が現実のものとなるので、図像も規制せよと言うものです。どうもことは児童ポルノだけに収まらないようで、役人も崇高な理念の書かれた計画書ばかり見ているうちに、それが100%実現すると思い込み、実際に税金の無駄遣いをしでかしてしまうようです。崇高な理念が書かれた計画書も規制の対象にするよう高市早苗議員に勧めてみてはいかがでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-11 18:03 | 社会

国交省vs財務省

Excite エキサイト : 社会ニュース
国土交通省の職員が道路特会から2200万円のタクシー代を支出していたそうです。
この件以外にも何でもありの道路特会の使途が次々と明らかになっています。ガソリン代の値下がりは歓迎されているようですし、4月の末に向けてこの手の無駄遣いに関する報道は更に増えるでしょうから、政府与党にとっては再可決のハードルが段々高くなっていくことと思われます。もしかしたら断念と言うことも考えられます。
しかし再可決が断念されてめでたしめでたしといかないのは、開いた税収の穴埋めをしなければならないからで、そのためには消費税率を上げざるを得ないと言う方向に進むかも知れません。その際、税収の穴を埋めるために使途は広くしておく必要があるため、福祉目的税化は無いでしょう。道路財源は一般化される方向ですし、フリーハンドで使える税金が増えて財務省にとっては目的達成と言うところでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-09 10:45 | 社会

名前はどうあれ

Excite エキサイト : 政治ニュース
後期高齢者医療制度の呼び名を、長寿医療制度と変えた件をめぐって、舛添要一厚労相と厚生省族議員との関係が悪化しているそうです。
呼び名はどうあれ、財務省と厚労相の目的が医療費の抑制である以上、高齢者が医療にかかることを抑制するための制度であることに変わりはありません。族議員の皆さんもくだらないことに噛み付く暇があったら、高齢化社会にマッチした保険制度へと、制度設計の変更を急いでほしいと思います。
後期医療制度に関しては、保険料の年金からの天引きを凍結する法案を提出するよう、野党4党が検討しているそうです。
これまでにも何度か言っていますが、保険料を負担する人よりも給付を受ける人が増えれば保険制度は立ちいかなくなります。高齢になれば病気の一つや二つ抱えているのは珍しくないことで、社会の高齢化が進めば給付を受ける人の割合は急速に増加します。負担と給付のバランスを早急に見直す必要がありますが、負担増のコンセンサスを得るのは至難の業で、今の政治家にはその技術もありません。結果、制度が崩壊するまで負担の増加は抑えられたままとなる可能性が高いでしょう。
小沢サンは先日テレビに出演してガソリン税の復活を再可決するのは難しいと言っていたようです。ガソリン値下げが支持されていることで強気になっているらしいですが、ガソリンの値下がりを歓迎しない人は少数派でしょうが、税収2兆6000億円の穴をどう埋めるか具体的な話になれば文句を言う人も出てくるでしょう。
社会が高度化、複雑化すればそれを維持するためだけにかかる費用も増加します。もちろん無駄をなるだけなくす努力は必要ですが、必要最低限度の費用が賄えなければ制度自体が崩壊します。今後、限界以下まで負担を減らしたため制度そのものが崩壊する事例が続出しないか危惧されます。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-04 09:57 | 社会

空気読み過ぎ?

Excite エキサイト : 社会ニュース
靖国神社を描いたドキュメンタリー映画の「靖国 YASUKUNI」の上映を決めていた映画館5館が上映の中止を決めたそうです。この映画を巡っては日本芸術文化振興会から助成金を受けていたことが問題視され、国会議員による異例の試写会が開かれたりと、物議をかもしていました。
安倍内閣の頃から空気を読めないことをKYと言ったりしていますが、否定的なニュアンスを含んでいます。これは逆に周囲の空気を読むのが良い、あるいは正しいと言うことが前提になっています。今回上映を中止した映画館は、街宣車などにより周囲に迷惑がかかることを心配したようですが、これは逆に空気の読み過ぎとも言えます。
今回の件に限らず実害が出る前に想定される被害を正確に見積もるのは非常に困難です。ある行為により被害が出る確率は0にならないので、被害を0にしようとすれば行為そのものを止めるしかありません。被害を0にしようとするところに空気を読みすぎる契機があります。被害を許容できる範囲にとどめるよう努力すべきですが、0にするのは所詮不可能です。死ぬ確率を0にするには生きるのを止めるしかないと言う訳です。
元々日本には空気を読んで事前に自分の行動を抑制するのを良しとする傾向があったように思いますが、最近はそれも徐々に薄れつつあると見ていました。そんな風潮がKYと言う言葉に現れていると思っていましたが、まだまだ一部では空気の読み過ぎが続いているようです。
[PR]
by eukaryo | 2008-04-02 10:33 | 社会