日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : 政治ニュース
中山成彬国土交通相は28日の臨時閣議に先立ち、一連の問題発言の責任を取り、麻生太郎首相に辞表を提出したそうです。在職5日は戦後二番目に早い辞任だそうです。
中山発言の中身の是非についてはいろんな考え方があるでしょうが、それよりも何よりも、国交相になった後も中山サンの頭の中では文部行政が専らになっていたように見えることが大きな問題だと思われます。成田のごね得発言は日教組批判のおまけのようで、ごね得発言と単一民族発言については撤回していますが、日教組批判は撤回しませんでした。
官僚制の打破は政治の最重要課題の一つです。どの政党が政権を取ろうと、誰が総理大臣になろうと、その重要度に変わりはないでしょう。そこで問題になるのは、役人と言う専門職と、非専門家の政治家が戦わねばならないと言うことです。
役人は一つの行政分野に専従する専門家ですが、政治家は違います。社会が高度化、複雑化するにつれて、行政のシステムも複雑化しています。人間の事務処理能力に限界がある以上、専門家以上に当該分野に精通したジェネラリストは存在し得ません。東大法学部卒の中山サンをもってしても、文部行政から頭の切り替えが困難だったようですが、道路財源の一般財源化を控えたこの時期に、日教組解体で頭がいっぱいの国交相では役人と渡り合えないでしょう。
官僚機構と戦うためには政治家も特定の行政分野に精通したスペシャリストにならざるを得ません。しかしそれは旧来の族議員化へ逆戻りの危険をはらみます。なので政治家のスペシャリスト化を避けながら役人と戦う方法を考えなければなりません。その方法は、逆に役人側のスペシャリスト化を妨げてしまうことです。省庁横断的に人事異動を行うことで、特定の行政分野のスペシャリストとなることを妨げることが出来ます。役人は全て政府に一括して雇用され、どの省庁に配属されるかはローテーションでぐるぐる回すものとすれば良いでしょう。特定省庁への利益誘導のインセンティブを下げる効果もあり一石二鳥と思われます。天下りの問題も解決するでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-28 11:48 | 政治
Excite エキサイト : 政治ニュース
小泉純一郎元総理は次期衆院選には出馬せず、政界から引退する意向を表明したそうです。
今から考えると、小泉総理大臣と言うのは選挙民の願望の投影だったような気がします。小泉サンにはそれを吸い上げきれいに映して見せる才能があったのでしょう。アイドル体質だったと言えるかも知れません。失われた10年の閉塞感をどうにかしてくれと言う選挙民の願望が生んだ政治的アイドルだったと思います。
アイドルはアイドルだけでは成立せず、常にファンとの共犯によって成立します。第3者がその人のことをアイドルと認識していると我々が知っていることによって成立します。なので、当のアイドル自身の実体は問題でなく、欠点も欠点として認識されません。歌が下手であろうが、スタイルにおかしな部分があろうが、「でもそこが良いんだよなあ」となってこそのアイドルです。
引退を機に小泉政権の功罪が云々されますが、それは恐らく小泉純一郎本人と言うよりむしろ、そこに投影された選挙民の願望の功罪と言うことになるでしょう。それは突き詰めていけば”俺にも良い目見せろ”と言うことになろうかと思います。あまりの身も蓋もなさに直視出来ないかも知れませんが、そう考えると夢から覚めて我々が立っている現実の有様が納得できるのではないでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-26 08:49 | 政治

公明外しへの布石

Excite エキサイト : 政治ニュース
福田内閣が本日午前の閣議で総辞職しました。福田首相の在職日数は365日で、歴代7番目の短命内閣となるそうです。
福田サンが辞任を決めたのは、総裁選で世間の耳目を引き、その勢いの衰えぬうちに新内閣で解散総選挙と言うシナリオを描いたからだと言われていますが、直接の引き金の一つに公明党の福田降ろしがあったと思います。
国会の会期や定率減税など、福田政権末期はとかく公明党の言いなりとの印象を受けました。さすがに自民党の中にもこのままでは公明党の言いなりだと危機感を持つ議員も出てきたのではないでしょうか。
先日、舛添厚労相が公明党へ相談無く後期高齢者医療制度の見直しをぶち上げたかと思えば、公明党の太田代表は自公連立について選挙後に考えると含みを持たせる発言をしています。表向きは連立の維持を表明している両党ですが、ここにきて両者の蜜月も微妙な感じとなってきている印象です。
以前にも指摘した通り、自民党と民主党の勢力が拮抗すればするほど、公明党の存在感は増していきます。更に自民党は組織が弱体化しており、公明党の協力なしには選挙を戦えない状態となりつつあります。しかしそれも全て民主党と戦うためです。
民主党と手を組めば自民党の悩みは全て解決です。両党の政策は選挙が近づくに従って違いがなくなってきています。政策的には大連立に何の支障もないと言うことになります。選挙後、再び大連立話が持ち上がる可能性があるように思います。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-24 17:44 | 政治

二大政党の幻2

Excite エキサイト : 政治ニュース
自民党の総裁選は下馬評通り麻生太郎幹事長の圧勝となりました。1回目の投票で全体の7割近い351票を集めたそうです。24日に国会で首相に指名され、新内閣が発足されることになります。
麻生サンは財政出動で景気対策を訴えていたので、解散総選挙は補正予算成立後になるのかも知れません。補正予算を通した後では自民、民主ともにお互いのことをばらまきと批判するのが難しくなります。
自民党が民主党に負けない戦略の一つに、対立軸をぼかす方法があります。民主党が票を獲得するためには、選挙民に自民党に対して明確に反対する意思を持ってもらう必要があります。自民、民主両党で政策に変わりがなければ、どちらを選んでも良くなり、そうなると惰性で自民党に投票する人が少なからず出てくると思われます。
後期高齢者医療制度については見直しの意向を示していますし、消費税率については両党とも据え置きの方針です。明確な政策の違いを出せないまま、お互いに過半数を獲れずに痛み分けとなれば、公明党と組んでいる与党は安泰となる訳です。
今後も自民、民主両党の政策は選挙が近づくたびに選挙民の喜ぶ政策に収斂し、結局はお互いに似たり寄ったりの政策を掲げることとなるでしょう。二大政党による政権交代など実現せず、公明党がキャスティングボードを握る構図が続くと思われます。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-23 14:43 | 政治
Excite エキサイト : 経済ニュース
有害物質メラミンの食品への混入の恐れがあるとして、丸大食品は菓子など5商品について自主回収を行っていますが、出荷総数は35万袋に上ると発表したそうです。大半は消費された可能性が高く、回収は進んでいないようです。これまでに健康被害の報告はないようです。
拡大を見せる中国製食品のメラミン汚染問題ですが、35万袋が出荷されそのうちの大半が消費されても健康被害がないところを見ると、リスクとしてはさほど高くないものと考えられます。
食料自給率が4割そこそこの我が国の現状では、好むと好まざるとに関わらずこれからも中国製食料品とつきあって行かざるを得ないでしょう。今後も化学物質や有害物の混入が明らかとなる事例が出てくる可能性が高いと思われ、食料供給と健康被害のリスクを秤にかけながらも中国製食品を使い続けることになるでしょう。
中国製食品に対するリスクを高く見積もると国産食品の値段が高騰し、偽装のインセンティブを高める結果となります。世界的な食料品高騰のあおりを受け、食料自給率の低い我が国では今後も難しい舵取りが必要となります。そんな時期に無能な農相が更迭になっているようでは、明日の食料確保を覚束なくなるのではないかと心配になります。中国食品汚染のリスクもありますが、農政無策のリスクも高いと考えられます。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-22 17:39 | 社会

乱立

Excite エキサイト : 政治ニュース
7人が立候補を表明している自民党総裁選ですが、候補者が乱立したため20人の推薦人を集めるのに各候補とも苦労しているそうです。
解散総選挙に向けて世間の耳目を自民党に向けると言うのが、今回の総裁選の目的の一つなので、候補者が増えて露出の機会が増えるのは良いことと言えますが、ここまでくるとやり過ぎでしょう。
本命の麻生サンに対して、増税派代表で与謝野サンが、小泉路線代表で小池サンが挑むと言う解り易い構図で、麻生サン勝利で組閣時に小池サンを重要閣僚に迎えて支持率アップ、そのまま解散総選挙になだれ込んで過半数割れを回避と言うシナリオかと思っていましたが、そこまできっちり絵図が描かれている訳ではなさそうです。
今の状態は派閥の箍が外れて自由な闊達な議論ができていると言えば聞こえは良いですが、ただの有象無象に見えて却ってマイナスな印象だと思います。二人続けて政権を投げ出す形で総理が辞任した後の割には、いささかはしゃぎ過ぎと言った印象を持たれるのではないでしょうか。
安倍政権は空気が読めないとさんざん揶揄されました。福田サンも国民目線と言っておきながら何もかも他人事で、最後にそのことを指摘されると逆切れさえして見せました。これは有権者の思いが政治家に届かなくなってきたことを示しています。小泉政権の頃から、政治は利害の調整と言う本来の役目を放棄し始めました。政治家が有権者の利益代表でなくなれば、いかなる選挙も人気投票以上の意味を持ちません。マスコミへの露出以外にはすることのない政治家の姿を今回の総裁選は示しているようです。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-06 18:17 | 政治

タイミングばっちり

Excite エキサイト : 政治ニュース
福田総理の後継を決める自民党総裁選が10日に公示されますが、石原伸晃元政調会長が出馬の意向を示したそうです。この他にも小池百合子元防衛相、与謝野馨経済財政担当相も出馬する見込みです。
福田総理の辞任表明からマスコミでは総裁選の報道が盛んになってきており、出馬にいろんな名前が取りざたされています。二人続けて政権を投げ出すような形で総理が辞任、国会はねじれ状態のまま、次の選挙では下野する可能性もある、と言うタイミングで、手を挙げる人は少ないのかと思いきや、意外に多くの人が出馬の意向を示しています。逆風の今なら却って自分にも目があると言う判断なんでしょうか。
20人もの推薦人を集めるのも大変でしょうし、総裁なんて嫌々やるものではないでしょうから、誰がなるにせよ意欲に満ちた初心を忘れずに、投げ出すのだけはもう勘弁してほしいところです。
一方、無選挙での小沢3選が決まった民主党の方はすっかり霞んでしまい、まずは自民党の目論み通りと言ったところでしょうか。盛り上がった雰囲気のまま衆院選に突入してしまえば過半数割れは避けられるかもしれません。してみると一見投出に見えた福田総理の辞任も、選挙に向けてベストな戦略を考えた上でのことだったんでしょうか。それにしては各方面に迷惑もかかっているようですし、買いかぶり過ぎでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2008-09-04 13:35 | 政治