日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

融通無碍政策

Excite エキサイト : 政治ニュース
麻生太郎首相が今国会で行う施政方針演説原案の全容が明らかとなったそうです。消費税引き上げ時期について平成11年度からと改めて強調するようです。また、政府の役割について、「市場に委ねれば全てが良くなるようなものではない」と指摘し、小泉構造改革路線からの転換を打ち出すとのことです。
今の衆議院の議席は郵政選挙で得たものですから、小泉路線から方針を転換するのであれば、その前に解散総選挙をやるのがスジと思います。ここが自民党の融通無碍なところで、大きな政府路線から小さな政府路線まで何でもこなします。二大政党による政権選択と言ったところで、政権と政策が一対一に対応していないので殆ど無意味でしょう。日本で二大政党が根付くことは恐らく無いと思います。選挙が何時になるのか解りませんが、恐らく選挙後に党が割れたりくっついたりするのでは無いでしょうか。政治家の力は弱体化するばかりで、官僚たちはますます枕を高くして眠れるでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2009-01-19 10:14 | 政治

プラス二兆円で

Excite エキサイト : 経済ニュース
アメリカのペロし下院議長は2年間で総額73兆円に及ぶ景気対策法案の概要を発表したそうです。オバマ次期政権は400万人の雇用創出とアメリカ経済の再生を目標に掲げています。
一方、日本では景気対策として給付金二兆円を配るか配らないかでもめています。選挙民からの支持も得られず、財政制度等審議会からも見直しを迫られています。景気回復への実効性があるのかも解らず、しかもこれだけ評判も悪い施策を強行する意味が解りません。今の自民党議員の大半は公明党の選挙協力が無いとにっちもさっちもいかないと言うことを知らしめているだけのような気がします。
外需頼みの日本の経済を立て直すには、まずアメリカの経済に回復してもらわなければなりません。この際、定額給付金の二兆円は国内にばらまくくらいならそっくりアメリカにくれてやったらいかがでしょうか。アメリカの経済が回復すれば日本企業の業績も回復に向かうでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2009-01-16 10:57 | 政治