日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世襲の制限よりも

Excite エキサイト : 政治ニュース
民主党は政治改革推進本部の総会で、同党議員の世襲制減を次期衆院選のマニフェストに盛り込む方針を決めたそうです。「現職の3等親以内の親族が同一選挙区から引き続いて立候補すること」を党として禁止するそうです。
安倍、福田と世襲議員が二人続けて政権を投げ出す格好で総理を辞任したことで、世襲議員批判が高まった感じがしますが、世襲かどうかと国会議員としての能力は関係ないように思います。世襲で優秀な人も入ればダメな人もいると言うだけの話でしょう。
なので世襲を禁じたからと言って、議員の能力が高まるわけではないでしょう。それよりも、優秀な人材を如何に政治家へリクルートするかと言うことに頭をひねるべきだと思います。
そのためには選挙民の生活があまりにも政治的でなくなったと言うところを改めなければならないと思われます。生活者の要望を吸い上げ、それを立法化していくと言う民主主義社会では当たり前のプロセスが回っていないように思います。
普通の選挙民にとって政治と言う活動があまりにも遠く、まるで別の世界のことのように思える現状を変えなければ、世襲議員の選挙区を多少制限したところで、相変わらず国会議員になるのは世襲と役人上がりばかりで、実社会のニーズと法律との乖離は進行していくと思われます。
[PR]
by eukaryo | 2009-04-23 13:01 | 政治

アメリカにとっての脅威

Excite エキサイト : 国際ニュース
政府は11半頃、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射したと発表したそうです。ミサイルの一段目は秋田の西方280キロの海上に落下したようです。日本の東方2100キロの太平洋上までミサイルを追尾しましたが、二段目の落下場所は確認できなかったようです。
北朝鮮のミサイル技術は向上しているようです。一番解り易いのは射程距離ですが、テポドン1の射程距離で既に日本全土はカバーされているので、日本にとって射程が伸びるよりも精度が上がる方がより脅威となります。今回のノドン2改良型は射程が10000キロと推定されており、むしろアメリカにとって脅威となるでしょう。ミサイル防衛の重要性が今後増していくと考えられます。
アジアからアメリカ方面に向けて発射されるあらゆるミサイルを迎撃できる能力を日本が備えることは、むろん日本の防衛にとってプラスとなりますが、アメリカに対する日本の軍事的プレゼンスを高める好機となります。誤報などと言う失態はこのような好機をつぶす結果となります。自衛隊関係者には猛省を促したいところです。
[PR]
by eukaryo | 2009-04-05 14:01 | 国際