日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私腹を肥やす

Excite エキサイト : 政治ニュース
鳩山首相の元公設秘書、勝場啓二被告らが偽装献金事件で立件されたのを受け、鳩山首相が記者会見に臨み、改めて自らの関与を否定したそうです。
記者会見で鳩山首相は野党時代に、秘書が罪を犯した場合は議員を辞職すると述べていましたが、今回の件については私腹を肥やそうとしていたのではないとして、辞任しない意向を表明したようです。
ことの是非や責任の取り方については様々な意見があるでしょうが、「私腹を肥やそうとしたのではない」と言う鳩山サンの発言に、彼の政治活動へのスタンスが現れていて面白いと思いました。
母親から提供されたお金を自らの政治活動の為に使い、納めるべき税金も免れていたと言うのは充分”私腹”に当たると思いますが、鳩山サンの認識は違うようです。鳩山サンにとって自分の政治活動は世のため人のための活動で、自らの利益とは関係ない無償の行為と言う認識なのではないでしょうか。
自分の行いは世のため人のためであると考えている人は、自分の活動の結果を余り省みたりしないでしょう。自分が活動すること自体が世のため人のためになっていると考えるなら、行動の結果も当然世のため人のためになっていると思うでしょう。
しかし政治家に求められるのは結果責任です。議員の活動が結果的に選挙民の利益になるかどうかが問題で、議員自身が私腹を肥やしていようがいまいが関係ありません。鳩山サンは自らの行動が引き起こす結果について、判定が甘そうな印象がありますが、自分の活動は全て世のため人のために行っていると考えていることがその原因の一つかもしれないと、今回の記者会見を見ていて思いました。
[PR]
by eukaryo | 2009-12-25 09:19 | 政治

政治主導とは

Excite エキサイト : 政治ニュース
民主党の小沢幹事長は天皇陛下と中国の習国家副主席との特例会見をめぐり、天皇の政治利用に当たるのではないかとの懸念を表明した羽毛田宮内庁長官に対して、政府が決めたことに役人が口を挟むべきでない、辞めてから言うべきだと改めて批判したそうです。
ことの是非についてはいろいろな意見があるでしょうが、一連の小沢発言に民主党の提唱する政治主導と言うのがいかなるものかが集約されていて興味深いと思います。
小沢発言から垣間見える民主党の言う政治主導とは、民主党の政治家は正しく、役人(とそれとつるむ自民党の政治家)は間違っているので、役人は政治家によって正しくコントロールされなければならないと言うものでしょう。しかし、このような素朴な考え方は複雑化した現代社会には残念ながら適用できないと思われます。
システムが複雑化し状況の変化も激しい現代社会では、全てを正しく判断できる全能な主体など期待できません。統治機構もまた然りで、立法、行政、司法の三権も等しく過ちを犯す可能性があります。過ちを犯すことを前提に、三権が拮抗することによってエラーを是正していくことが大事になります。
小沢サンの提唱する国会改革が進めば、政治が過ちを犯した時にエラーを是正する機構は無くなってしまうと思われます。政治家も全能でない以上、そのうち間違いを犯すでしょうが、その時にはエラーを是正するメカニズムが何も無いと言うことになりそうです。
そうなると選挙民は不利益を被らないために間違いを犯さない政治家を選挙で選ぶ必要が出てきますが、こうなると選挙民に全能性が要求されると言うことになります。全能な主体が要請される体制は結局のところ無責任体制だと思います。
[PR]
by eukaryo | 2009-12-16 09:03 | 政治

普天間よりも密約

Excite エキサイト : 政治ニュース
鳩山首相は社民党の福島瑞穂党首、国民新党の亀井静香代表と会談し、普天間飛行場移設問題について、与党3党で十分協議した上で結論を得ることを確認したそうです。
先行き不透明な普天間問題ですが、解決にはまだ時間がかかるようです。福島党首率いる社民党は、この問題について連立離脱もほのめかして揺さぶりをかけて来たようですが、もともと社民党には沖縄外と言う選択肢しかありません。ここで譲歩すれば存在意義を失いかねません。
普天間問題でも連立の軋みが露になって来ていますが、それよりも沖縄密約の問題はどうするんでしょうか。密約があったと認めるのは良いとして、そうなると非核3原則のうち、”持ち込ませず”については無効となり、2原則に修正する必要が出てきます。社民党は2原則への修正など認めるはずも無く、そうなると再び連立離脱の危機と言うことになるんでしょうか。
民主党の本音としては連立は解消したいと言うことなんでしょう。来夏の参院選までは辛抱するかと思いましたが、密約の検証作業を進めているところを見ると待つつもりは無いみたいです。
と言うことで社民党については密約問題を契機に連立解消と言うシナリオでしょうが、国民新党についてはどうするんでしょうか。縁切りの良い口実はあるんでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2009-12-12 10:53 | 政治