日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

不可能なものは不可能

Excite エキサイト : 政治ニュース
米軍普天間基地の移設問題ですが、アメリカ側は日本の提案を事実上拒否していることが、複数の日米外交筋により明らかにされたそうです。5月末までの決着は不可能な情勢のようです。
迷走を続ける普天間問題ですが、鳩山総理が言っていた5月末までの決着はどうやら不可能になりそうです。結果自体はまあそうだろうなあと言うことで意外な感じはしませんが、それよりも一体全体どういう思考回路で県外移設で5月末までに決着できると考えていたのか興味の湧くところです。移設先を今から決めますと言う状態から5月末までの決着を結びつけるには、どこかで論理の一大飛躍があるように思われます。
県外移設となれば受け入れ先自治体とアメリカ双方に合意を取り付ける必要があります。そのどちらもない状態からスタートして、移設先の候補が挙るたびに地元から反対を名言され、アメリカ側からは一貫して元々の日米合意案がベストと言われている状態です。普通の思考回路なら県外移設で5月に決着は不可能との結論に落ち着くでしょう。
この件に関する鳩山サンの一連の言動を見ていると、「1+1=3になるかと思っていろいろやってみたけれど、やっぱり2にしかなりませんでした。」と言っているようなシュールな印象を受けます。1+1がどうやったら3になると思えたのか、その思考回路にこそ興味があります。ぜひとも総理にはその過程を我々にも理解できる言語で説明してほしいものです。その思考プロセスが理解不能なままでは、アメリカに限らず日本をまともな交渉相手として扱う国は無くなっていくんじゃないでしょうか。
[PR]
by eukaryo | 2010-04-15 09:31 | 政治

エンドレス新党結成

Excite エキサイト : 政治ニュース
自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相は、無所属の平沼赳夫元経産相と新党を旗揚げするそうです。先に自民党を離党した鳩山邦夫元総務相とも連携する考えを示したそうです。
鳩山政権の支持率は下がり続けていますが、自民党の支持率は上がっていません。政権交代はしたものの民主党政権は期待はずれ、かといっていまさら自民党に投票する気にもなれないと言う選挙民が一定数存在すると思われます。次の参院選でそのような層の受け皿を狙って新党を作ると言う狙いは理解できます。
二大政党で両党の勢力が拮抗すると、少数党がキャスティングボードを握ることが出来ます。鳩山政権における亀井サンの振る舞いを見れば、それが賢いやり方と映るでしょう。今回の参院選ではダメなほうで民主、自民の党勢が拮抗しそうなので、新党でキャスティングボードを握る芽もありそうです。
もともと日本には二大政党に収斂するべき政策の対立軸と言うものがはっきりしません。今回の与謝野-平沼新党も、与謝野さんは財政規律派、平沼さんは真正保守と言うことで、中心となる政策の軸としてはお互い90度ずれていると言えます。却ってお互いに干渉せずに一緒にやっていけると言うことでしょう。
このように政策の対立軸が曖昧なので、どんなメンバーとでも新党結成は可能です。国会議員の人数分の順列組み合わせが考えられますので、ほぼエンドレスに新党を作り続けることが可能でしょう。これからもひとつダメなら次の新党と言う風に看板の架け替えが続くかも知れません。
[PR]
by eukaryo | 2010-04-04 12:35 | 政治