日々思うことをつれづれなるままに書いています


by eukaryo

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

次の代表に望むこと

政治 - エキサイトニュース
菅直人首相の後継代表を決める民主党の両院議員総会が29日開かれ、午後には新代表が選出されるそうです。新代表は30日の衆院本会議で首相に指名されることになります。
小沢―鳩山グループに支持された海江田サンが一歩リードのようです。誰が代表に選ばれても、ねじれ国会のもとで震災復興や財政再建など難しい問題のかじ取りを強いられることになります。ただ、現在取りうる政策の自由度はかなり低いと思われるので、誰が総理になってもやるべきことはそれほど違いがないようにも思います。ただ、やるべきことの多くが、増税や社会保障の給付減など理屈では必要性を説明できても政治的に実現困難な課題なのが問題です。
党代表と言えば選挙の顔としての役割が期待されます。選挙のことを考えれば、選挙民に不人気な政策はなかなか掲げられなくなります。しかし民主党にとっては残念なことですが、次の選挙で民主党が勝つ確率はよほどの大逆転が起こらない限り0に近いように思います。解散総選挙に打って出られるのは、新内閣発足時の御祝儀支持率のときのみと思われます。この機を逸すると後はいつもの支持率右肩下がりコースで、解散は不可能になるでしょう。この際次の代表は周囲に何を言われようとも任期満了まで務めてもらい、選挙のことは考えずに不人気政策を実現しておいて欲しいと思います。先送りももう限界にきていると思います。それしか有権者おいてけぼりのこの代表選を有意義にする方法は無いでしょう。
[PR]
by eukaryo | 2011-08-29 12:04 | 政治